制作からコンサルティングまで行うトッパンのIR・CSR・SDGsサポート
TOPPAN IR・CSR・SDGs SUPPORT

CONTACT

SDGs SUPPORTSDGsサポート

PICK UPピックアップ

SDGs支援専門チーム
「TOPPAN SDGs Unit」を編成

TOPPAN SDGs UnitTOPPAN SDGs Unit

POLICYポリシー

企業がSDGsに取り組む意義・メリットは?

SDGコンパスにおいて、
「①将来のビジネスチャンスの見極め」「②企業の持続可能性に関わる価値の向上」「③ステークホルダーとの関係の強化、新たな政策展開との同調」「④社会と市場の安定化」「⑤共通言語の使用と目的の共有」の5つのメリットがうたわれていますが、トッパンの考える企業が取り組む意義・メリットは以下の3つです。

SDGsに取り組む意義・メリット

1. 企業変革のためのツールとして活用できる

「アウトサイドイン」「バックキャスティング」「トレード・オン」等、創造的破壊を生みだすアプローチのもと、企業変革を起こすためのツールとして活用できます。

2. 経営とCSRの融合を加速させる

これまでなかなか進まなかった経営とCSRの融合。SDGsを活用することで、事業とのリンケージが容易となり、事業戦略等へCSR視点を組み込むことが可能となります。

3. 企業価値、企業イメージ向上につながる

ESG投資(環境・社会・ガバナンスに配慮している企業を重視・選別して行う投資)への高まりを背景に、SDGsへの取り組みが一つの評価軸として考えられるようになってきています。また、学生においては授業にSDGsが導入されたことから、積極的に取り組む企業に対するイメージ向上につながると考えられます。

MENU支援メニュー

トッパンのSDGsサポート

トッパンは、お客様のSDGsへの貢献の最大化に向け、SDGコンパスの5つのステップに則ったコンサルティングメニューをご用意しています。

SDGsに取り組むための5つのステップ

STEP1
SDGsを理解する

企業活動にとって、SDGsがもたらす機会と責任を、役員、社員が理解する

  • SDGsとは何か
  • いかに企業がSDGsを有効活用できるか
  • SDGsの基盤として取り入れるべき国際規範
STEP2
優先課題を決定する

機会を最大化し、リスクを最小化するため、優先課題の所在を明らかにする

  • バリューチェーンにSDGsをマッピングし、影響領域を特定
  • 指標を選択し、データを収集
  • 優先課題を決定
STEP3
目標を設定する

具体的かつ計測可能で期限付きの目標を設定する

  • 目標範囲を設定し、KPIを選択
  • 意欲的な目標を設定
  • SDGsへのコミットメントを策定
STEP4
経営へ統合する

中核事業に統合し、目標をあらゆる部門に組み込む

  • 目標を定着させる
  • 全ての部門に持続可能性を組み込む
  • パートナーシップに取り組む
STEP5
報告とコミュニケーションを行う

SDGsに関する進捗状況を定期的に報告しコミュニケーションを行う

  • 効果的な報告とコミュニケーションを行う
  • SDGs達成度についてコミュニケーションを行う

SDGコンパスは、国連が発行するSDGsの企業行動指針であり、SDGsを企業がどのように活用するかを示しています。

各ステップにおけるコンサルティングメニュー

STEP1 STEP1
STEP2 STEP2
STEP3 STEP3
STEP4 STEP4
STEP5 STEP5
SDGsを理解する

経営層へのSDGs勉強会から、従業員への浸透・啓発施策まで、幅広いメニューを取り揃えています。

  • 勉強会の開催

    SDGsとは何か、いかに企業がSDGsを有効活用できるかといったSDGコンパスの内容から、経営層の関心の高いESG投資との関係性も含めた内容で勉強会を実施します。動画はこちら

  • 浸透施策

    SDGsの社内浸透のためには、日々の身近な業務視点での情報発信が大切です。バリューチェーンを通じたSDGsへの貢献を伝えるポスター、日ごろからSDGsを意識するための携帯カードの作成など、各種施策をご提案します。

  • 啓発施策

    社会課題を解決するビジネス開発の視点からのワークショップや、SDGsの視点を取り入れたソーシャルビジネスコンテストの開催など、インプットしたSDGsの知識をアウトプットするための各種施策をご提案します。

STEP1 STEP1
STEP2 STEP2
STEP3 STEP3
STEP4 STEP4
STEP5 STEP5
優先課題・目標設定、経営統合

マテリアリティ(重要課題)特定プロセスにSDGsを組み込んだ優先課題設定から、SDGs単独での優先課題設定まで、お客様ニーズに沿った設定プロセスをご提案します。

SDGs単独での優先課題設定プロセス

PHASE1
SDGsと自社の製品・サービスとの関係性を多面的な視点で棚卸・整理
169ターゲット/232指標を一覧化したチェックリストで、バリューチェーンや現在・将来視点のもと、製品・サービスレベルまでブレイクダウンして棚卸・整理を実施
PHASE2
社会からの要請の優先度と自社の優先度を掛け合わせ優先課題を設定
リスクと機会、社会インパクト、自社経営理念・方針・計画、マテリアリティの視点から、優先的に取り組むべき課題とKPIを設定する
PHASE3
設定した優先課題について、社外ステークホルダーからの意見を収集し反映
社外ステークホルダー(有識者等)によるチェックを行い、妥当性、客観性を担保(ダイアログ形式・ヒアリング形式)
PHASE4
1~3のプロセスを経た優先課題について、経営層から承認を得る
取締役会、経営会議等で優先課題について承認を得て、経営方針、経営戦略等へ反映
STEP1 STEP1
STEP2 STEP2
STEP3 STEP3
STEP4 STEP4
STEP5 STEP5
報告とコミュニケーションを行う

SDGsへの取り組みをPDCAを回しながら高めていくために、報告・コミュニケーションは重要な役割を担います。
ESG投資においてSDGsが一つの評価軸になりつつある中、評価を向上させるためのコミュニケーションをご提案します。

さまざまなSDGsガイダンスの活用支援

  • 国連およびGRIが発行したレポートに反映するガイダンス3部作

    • ゴールとターゲットの分析編(2017.9発行)
    • 報告における投資家ニーズ編(2018.7発行)
    • 報告に統合するための実践ガイド編(2018.8発行)
  • ICAS(スコットランド勅許会計士協会)とIIRCによる統合報告に関する報告書(2017.9)

RESULT実績

経営層へのSDGs勉強会から、
レポート制作まで
幅広く活動をサポートしています

SDGs優先課題特定支援

  • インターネットイニシアティブ(IIJ)様

    インターネットイニシアティブ

    (IIJ)様

  • SGホールディングス様

    SGホールディングス様

  • 東芝三菱電機産業システム様

    東芝三菱電機産業システム様

SDGsコミュニケーション支援・SDGsコミュニケーションブック

  • 国分グループ本社様

    SDGsステートメントブック

  • 三井住友フィナンシャルグループ様

    環境情報誌JUNIOR SAFE

    (4号 2019年版)

  • 明治ホールディングス様 明治グループ

    コミュニケーションブック

PAGE TOP

KEYWORDS