制作からコンサルティングまで行うトッパンのIR・CSR・SDGsサポート
TOPPAN IR・CSR・SDGs SUPPORT

CONTACT

CSR SUPPORTCSRサポート

POLICYポリシー

そのCSRメッセージ、
本当に伝えたいステークホルダーに届いていますか?

「責任」を「価値」へと変えるESGコミュニケーションへ

近年、サステナビリティレポートやサイトだけではなく、新聞・雑誌・TVCMなどマスメディアを活用して、サステナビリティに関する積極的な情報発信が行われています。
このような状況の中で、これまで通りのマルチステークホルダーに向けた網羅的なコミュニケーション・報告スタイルでは、情報が埋没してしまい、本当に伝えたいステークホルダーには届きません。メディアの特性を活かし、ESG投資家、お客様、従業員など、各々のステークホルダーにあわせた情報発信が必要となります。
トッパンは、日本におけるCSRの黎明期から実績とノウハウを長年にわたり積み重ねてきました。そして今後も、戦略性と共感性を兼ね備えた提案を行っていきます。

MENU支援メニュー

CSR戦略構築支援
(ESGコンサルティング)

SDGsをベースに、GRIスタンダードやSASBなどの各種ガイドライン・ガイダンスを活⽤したマテリアリティ(重要課題)の特定・見直し、⽅針・ビジョン・KPI策定などの⽀援を通じ、企業価値を⾼めるサステナビリティ戦略をご提案しています。

マテリアリティ特定・KPI策定

GRIスタンダードに則したプロセスのもと、ステークホルダー調査・ダイアログ等も交え、マテリアリティ(重要課題)の特定を支援します。また、企業の特徴あるCSR方針・ビジョン・KPIなどの策定も行います。

STEP1
SDGs169ターゲットをベースに、ステークホルダーと自社の2軸で課題を抽出
STEP2
社内外アンケート等を行い、ステークホルダーの
要請・期待を抽出
STEP3
課題を点数化し、マテリアリティマトリックスを作成
STEP4
有識者ヒアリングを実施し、意見を反映させ
マテリアリティを特定

ISO26000やSDGs
セルフチェック

CSR活動のガイダンスであるISO26000やSDGs169ターゲットを⽤いて、CSR活動のセルフチェックを⽀援します。

SDGsの活用支援

SDGコンパスのプロセスのもと、優先課題および目標設定支援を通じSDGsの事業への組み込みを実現します。

エンゲージメント実施

ステークホルダー・ダイアログの企画(テーマ選定、有識者コーディネート)・実施(ファシリテーション)から、ステークホルダー調査までトータルに支援します。

CSRコミュニケーション支援

ESG投資家をはじめ、生活者、従業員など、各々のステークホルダーにあわせた、ツール開発や共感を生み出すコミュニケーションをご提案しています。

サステナビリティレポート・サイト制作

数多くのサステナビリティレポートを手掛けた実績や分析力をもとに、ESG投資家をはじめとした格付け・評価機関から選ばれるレポーティングをご提案します。

生活者向けコミュニケーションツール開発

サステナビリティレポートのノウハウをベースに、生活者視点に立った共感型コミュニケーションを創出。
サステナビリティをテーマにした、生活者との新たな関係を構築します。

インターナルコミュニケーション開発

従業員が自分ごととしてサステナビリティやESGを捉え、社会課題への認識を高めるコミュニケーション開発と浸透施策をご提案します。

RESULT実績

マテリアリティの特定からCSRレポートや生活向けのツールまで
さまざまな業界のCSR戦略構築・コミュニケーションに関わっています

第23回環境コミュニケーション大賞受賞企業

  • オカムラ様

  • クボタ様

  • 札幌ドーム様

  • 本田技研工業様

    本田技研工業様

  • ヤクルト本社様

    ヤクルト本社様

※画像は直近の発行年度の弊社実績を掲載しています。

第22回環境コミュニケーション大賞受賞企業

  • キヤノン様

    キヤノン様

  • サントリーホールディングス様

  • 大和ハウス工業様

    殿堂入り企業に認定

  • 日立製作所様

  • 三井物産様

※第23回環境コミュニケーション大賞受賞企業は除いています。
画像は直近の発行年度の弊社実績を掲載しています。

サステナビリティデータブック

  • IHI様

  • 花王様

  •  

PAGE TOP

KEYWORDS