「印刷テクノロジー」に
未来を変える新たなテクノロジーを組み合わせ
ソフトとハードの両面からさらなる変革と挑戦を続け
情報と暮らしをデザインする「社会的価値創造企業」を目指します

代表取締役社長麿 秀晴

私たちトッパンは創業以来、「情報・文化の担い手としてふれあい豊かな暮らしに貢献」する企業理念のもと、119年にわたり培ってきた「印刷テクノロジー」をベースに、さまざまな事業展開を図ってまいりました。お客さまとの共創を通じ、現在は世界約160拠点で、約51,000人が働く企業グループへと発展いたしました。

今、多様化する時代に合わせ、私たちの価値提供の在り方にも変化が求められています。トッパンは2025年に向けて、私たちが最も社会価値を創出できる領域として、「健康・ライフサイエンス」「教育・文化交流」「都市空間・モビリティ」「エネルギー・食料資源」の4つの成長領域を設定しました。さらにグローバルビジネス、フロンティアビジネスに挑戦していくことで、社会的価値を創造してまいります。

デジタル革命によりパラダイムシフトした現代社会においては、長年培ってきた「印刷テクノロジー」に未来を変える新たなテクノロジーを組み合わせ、トータルソリューションの開発と提供を行ってまいります。
 特にビジネスモデルの変革をけん引する「トッパン・デジタルトランスフォーメーション(T-DX)」においては、デジタルマーケティングや製造DXなどに注力し、ソフトとハードの両面からお客さまの課題解決に貢献してまいります。
 また、グローバルにおいては、今後の人口増大に伴い市場の拡大が期待できるパッケージや建装材分野と、技術的な優位性が発揮できるセキュア関連分野において事業拡大を図ってまいります。

トッパンは、真のパートナーとして常に必要とされる「社会的価値創造企業」を目指し、グループ一丸となって変革と挑戦を続けてまいります。
 皆さまにおかれましては、今後とも一層のご支援を賜りますようお願い申し上げます。