あと500日。トッパンは、どう盛り上がりをつくれるか。

あと500日。トッパンは、どう盛り上がりをつくれるか。
2019年3月12日 読売新聞1面3段+突き出し掲載

あと500日。トッパンは、どう盛り上がりをつくれるか。

今日から500日後、東京2020大会、開会式※。想像してください。そのとき、あなたは誰と何をしているだろう。世界は、どんな声をあげるだろう…。トッパンと、オリンピック・パラリンピックの歴史は、東京1964大会での公式ポスター、チケットの印刷までさかのぼります。ソウル1988大会では大会をいち早く報じる週刊誌用の高精細カラー印刷サービスを提供。アテネ2004大会では選手や関係者の身分証明書を製造しました。そして東京2020大会。トッパンは印刷サービスで参加します。私たちの技術やサービスはどれくらい進化し、大会を盛り上げることができるか。私たちの56年間の歩みが試される瞬間が、もうすぐやってきます。(※東京2020オリンピック開会式は7/24、東京2020パラリンピック開会式は8/25です)

広告掲載面について