TOPPAN
凸版印刷株式会社

お問い合わせ

文字の大きさ

  • 大
  • 中
  • 小
  • 製品・サービス
  • IR情報
  • CSR活動
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 研究開発
  • 採用情報
ホーム > ユニバーサルデザイン > 「気づき」のための科学的アプローチ

ユニバーサルデザイン UNIVERSAL DESIGN

トッパンのユニバーサルデザイン PDF版(9.12MB)

「トッパンのユニバーサルデザイン」のパンフレット版をPDF形式でもご覧いただけます。
(内容はこのWebサイトと同様です)

高齢者の色の見え方体験 色覚変化シュミレーター
(別ウィンドウで開きます)

「気づき」のための科学的アプローチ

ユニバーサルデザインを実現するためには、ユーザーにとっての課題を正確に把握する必要があります。
しかし、ユーザー自身が、課題のすべてを意識しているとは限りません。
潜在的ニーズを含めた課題を抽出するには、科学的アプローチが重要となります。
トッパンでは、デザイン制作とリサーチのノウハウを活かし、
印刷物やWebサイト、パッケージの課題を科学的に診断・分析するサービスを実施、
その結果から判明した課題解決のためのデザイン改善案を提供しています。
また、診断・分析結果のデータを蓄積し、自社の製品・サービスの開発にも役立てています。

店頭購買シミュレーション

商品が購入される店頭で、パッケージや売場の什器、販促物が「きちんと生活者に情報を伝えられているのか、買いやすい状態になっているのか」を、アイカメラなどを活用して科学的に検証します。
実際の店頭や、店頭を再現した模擬店舗で生活者に実際の購買行動をしていただくことで、より正確な検証を行い、売場・店頭ツール・パッケージ改善のご提案をします。

パッケージ ユニバーサルデザインコンサルティングメニュー

トッパン独自の「パッケージUD診断システム(PAT.P)」を中心として、トッパンのUD診断士によるパッケージ評価や、UD診断データベースに蓄積された診断結果との比較分析などを実施します。
また、診断結果に基づき、課題を解決した最適なパッケージをご提案します。

ユニバーサルデザインコンサルティング図

Webサイト ユーザビリティ調査

企業と生活者をつなぐWebサイトを実際のユーザーに使用していただき、ユーザー視点での課題抽出および改善の方向性を明らかにします。
検証には、トッパンオリジナルの「CRE-EVA(クリーバ)」の6指標(誘目性、興味喚起度、受容性、検索性、理解度、印象度)やアイカメラを使ってクリエイティブを定量的に評価すると同時に、Webサイトの目的に合わせて検証項目を設定し、競合サイトとの比較により問題点を明らかにします。

マーケティング・リサーチ基盤

自社で完備した消費者インタビュールームや「ショップサイエンス・ラボ」(店頭でのコミュニケーション課題を調査・シミュレーションする施設)を中心に、多種多様なマーケティング・リサーチの受託実績を積んでいます。
また、オリジナルの調査・分析手法の研究開発を行い、調査メニューの革新を図っています。

消費者インタビュールーム

ショップサイエンス・ラボ

ページの先頭へ戻る