TOPPAN
凸版印刷株式会社

お問い合わせ

文字の大きさ

  • 大
  • 中
  • 小
  • 製品・サービス
  • IR情報
  • CSR活動
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 研究開発
  • 採用情報
ホーム > 特集 > バリアフィルム事業 強化

バリアフィルム事業 強化お問い合わせ

LOGO
凸版印刷株式会社は、透明バリアフィルム「GL BARRIER」を生産する深谷工場に約100億円を投資し、設備を増強します。これにより同工場の生産能力は現状比の約2倍となり、国内外で増加するニーズに対応していきます。なお、稼動開始は2018年秋の予定です。

■グローバル供給体制

今回の投資により、国内2拠点から日本国内・中国・ASEANエリアへ、そして2016年4月に竣工した米国ジョージア工場から北米・欧州・中南米エリアへ、グローバル供給体制をより一層強化し、高品質な透明バリアフィルムを提供していきます。

グローバル供給体制の増強

(株)トッパンパッケージプロダクツ深谷工場

(株)トッパンパッケージプロダクツ深谷工場

(株)トッパンパッケージプロダクツ福岡工場

(株)トッパンパッケージプロダクツ福岡工場

OPPAN USA INC. ジョージア工場

TOPPAN USA, INC. ジョージア工場

● 採用製品15000!世界トップシェアを誇ります

「GL BARRIER」は1986年に上市し、今年で30年を迎えました。現在、世界45以上の国と地域で15000点以上の製品に採用されており、透明バリアフィルムでは世界トップシェアを誇ります。(2016年12月現在)


■GL BARRIERについて

「GL BARRIER」は世界最高水準のバリア性能を持つ透明バリアフィルムの総称です。
独自のコーティング層と高品質な蒸着層を組み合わせた多層構造で、安定したバリア性能を発揮します。また多くの優れた特性が高い評価を受け、食品から医療医薬、産業資材に至る幅広い分野で採用されています。

多様なバリエーションを展開するGL BARRIER バリア性能とアプリケーション

GL BARRIERの特徴 バリア層構成図(例)

採用事例

■「GL BARRIER」の紹介動画

■関連トピックス

■関連サイト

ページの先頭へ戻る