TOPPAN SOLUTION

インバウンドに対応した
多言語対応店頭サイネージシリーズ

様々な技術を活用し、観光客に効果的にアピールする
NEXTサイネージシリーズ

  • サービス概要
  • ご活用のポイント
  • 利用シーン
  • 事例紹介

サービス概要

サイネージにコンテンツ出し分け機能を持たせることで、お客様や商品に応じたコンテンツの表示を実現。
多言語コンテンツを表示する事で、インバウンド対策に活用可能です。

ページトップへ

ご活用のポイント

サイネージに様々な仕掛けを組み合わせる事で、コンテンツの出し分けを実現
例:ビーコン、ボタン、バーコード等
多機能サイネージと多言語コンテンツの組み合わせでインバウンドニーズに対応
店頭POP及びサイネージの展開で培った知見を活かして、小型~大型まで、
設置場所の環境や商品に合わせた端末を提案可能

ページトップへ

利用シーン

  • 流通店頭
    (GMS、薬局、百貨店等)
  • 免税店

  • 観光地

ページトップへ

事例紹介

事例株式会社髙島屋様

ビーコンとデジタルサイネージを活用したインバウンドサービスの実証実験を実施

新宿髙島屋にて、受付や免税カウンターでBLEビーコン付きのストラップを中国から来日されたお客さまに配布し、ストラップを下げて店内を回ると、館内8ヶ所に設置されたタブレット型サイネージがBLEビーコンを感知。デジタルサイネージから中国語で売場紹介の動画が流れ、衣・食・住に関する日本製の商品約40点の詳細情報と店員のおすすめコメントを紹介します。

新宿髙島屋でのタブレット型デジタルサイネージ設置イメージ(左)とその利用イメージ(右)
© Takashimaya Co., Ltd.

ページトップへ

このサービスに関するご質問・お問い合わせ

ページトップへ

<ピックアップコンテンツ>

金融国際情報技術展

Digital Content EXPO 2017

旅道(R)

高精度全文テキスト化サービス

ideanote

Copyright (c) 2017 TOPPAN PRINTING CO., LTD.