TOPPAN SOLUTION

RFIDソリューション

RFIDはIoT時代のキーテクノロジーです。
人とモノが存在するあらゆる分野でご活用いただけます。

  • サービス概要
  • ご活用のポイント
  • 事例紹介

サービス概要

ICタグを利活用するには、RFID技術が必要となります。
RFID(Radio Frequency Identification)とは、無線通信を利用し非接触による書き込みと読み込みを行なう自動認識技術を利用した技術、またはそれを使った製品、システムです。
バーコードでは1枚1枚読み取るのに対し、RFIDを使えば複数同時に読み取りが可能です。トッパンでは、非接触自動認識技術RFIDをキーテクノロジーとして人・モノの動きを可視化し、企業活動や社会の安全安心の仕組みづくり、効率化に貢献します。

あらゆる分野でご活用いただけます!

  • 原材料管理

  • 循環資材管理

  • 循環資材管理

  • 文書箱管理

  • 流通トレーサビリティ

  • 真贋判定

  • 在庫管理

  • 資産管理

RFID導入のキーワード

  • トレーサビリティ

  • 情報の一元管理

  • 効率的な棚卸
    (一括読取)
  • ペーパーレス

  • 業務精度UP

  • 省人化

  • 偽造防止

  • 循環資材管理
    (資産管理)
  • リアルタイム

  • 絶対単品管理

ページトップへ

ご活用のポイント

トッパンRFIDソリューションのポイント

トータルソリューション
ご要望に合わせて最適なICタグ、リーダ/ライタを選定し、運用設計からシステム開発までワンストップでお客様の課題解決をトータルにサポートします!
パッケージソフトによる導入支援
循環資材管理システムや資産管理システムなどの導入が安価で短期間で利用できます。

統合ID認証プラットフォーム ID-NEX

商品のライフサイクルをトータルに管理できる統合ID認証サービスです。ID(番号)の生成、管理、認証、履歴を共通基盤として構築し、循環資材管理、真贋判定(ID認証)、消費財物流管理(トレーサビリティ)などをクラウドサービスとして提供します。

資産物品管理・文書原本管理クラウドサービス Convi.BASE

簡単・正確に資産管理・棚卸しができ、さらに遊休資産の有効活用、過剰投資の抑制が可能なクラウドサービスです。バーコードやICタグを資産に貼り付け、棚卸しのときにハンディターミナルで読み取ることによって、資産の数や棚卸し前後の差分をPC上で把握できます。

ご要望に合わせた最適なICタグをご提案
資産・在庫・生産管理など、さまざまな物品や工程の管理運用に最適な各種製品を取り揃えています。
  • カードタグ

  • ラベルタグ

  • 光学ディスクタグ

  • コインタグ

  • キーホルダータグ

  • 金属対応タグ

  • シリコンタグ

  • 吊り下げタグ

  • 耐水加工タグ

  • 医療・医薬分野
    向けタグ※

※医療・医薬分野へ向けてさまざまな検証を継続しています。

ページトップへ

事例紹介

事例1株式会社タニタ様

模倣品の精巧化や海賊版の流通で真正品の売り上げ減少やブランド価値の低下を招く恐れがある近年、株式会社タニタ様では、ホログラムの貼付や、中国の模倣品製造拠点の摘発を実施するなど模倣品対策を行ってきました。
しかし、ホログラムも偽造した模倣品が発生するなど効果的な取り組みが行えておりませんでした。
そこで、真贋判定サービスである「PUF認証サービス」が株式会社タニタ様のポケッタブルスケールを導入されました。
本サービスで利用するRFID「SMARTICS-V」は、ICチップの指紋とも言える、ICチップ製造時に発生する意図しない微細な差異をパラメータ化し、認証する機能(PUF機能)を持つRFIDで、偽変造が事実上できません。
また、製品に添付した「SMARTICS-V」を製品の購入者が自分自身のNFC対応スマートフォンにインストールした「PUF認証用アプリケーション」で読み取り、インターネット経由で誰でも簡単に、かつ瞬時に真贋判定結果を得る事が可能です。

タニタ「1479J/J2」でNFC対応スマートフォンを用いた真贋判定の利用イメージ。
本体背面からの読み取り(左)はもちろん、個装箱の上からでも読み取り可能(右)

真贋判定結果をNFC対応スマートフォンの画面に表示

事例2コープ東北サンネット事業連合様

コープ東北サンネット事業連合様・丸和運輸機関株式会社様に東芝テック株式会社様経由で、循環資材管理パッケージソフト「NETLOOPASS」の機能をカスタマイズして導入致しました。折り畳みコンテナやカゴ車、カートラックなどの搬送容器にUHF帯防水対応ICタグラベルを貼付し、容器の所在や在庫状況をネットワークを通じて把握を可能としました。

今回採用された防水対応ICタグラベル(左)と、コープ東北ドライ統合物流センターでの利用イメージ(右)
© MARUWA UNYU KIKAN CO.,LTD.

事例3長野県信用農業協同組合連合会様

お客様の課題として、管理台帳を使って管理はしていたが、文書保存箱(社内資料などを保管)の所在管理、入出庫管理、棚卸し業務が効率的に行えておりませんでした。
Convi.BASE導入の決め手となったのは、導入前、検討中の3社から評価プログラムを借りて検証した結果、標準機能の中で、十分運用が行え、最も導入効果が高かかったと判断いただけた点と固定資産以外にも備品など様々なモノが管理できる点です。
長野県内3拠点に文書保存箱約3000箱を管理対象として導入したところ、保存箱の入出庫・保管等の状態と、どこの倉庫に保管されているのかといったステータスを一元管理ができるようになりました。
また長距離一括読取りに優れたUHF帯タグを利用しているため、棚卸し業務の大幅な効率化が実現できました。
今後の展開として、文書保存箱以外のあらゆる備品に展開して、会社の資産管理の効率化を図っていきます。

  • UHFラベルタグ

  • AT870

ページトップへ

このサービスに関するご質問・お問い合わせ

ページトップへ

<ピックアップコンテンツ>

第19回 自動認識総合展

インバウンド・観光ビジネス総合展

ec-lite

ID-Watchy

TOPPANメッシュビジョン

ラウンダー業務支援システム

ideanote

Copyright (c) 2017 TOPPAN PRINTING CO., LTD.