TOPPAN SOLUTION

アドグリーンコート(R)TC

塗るだけで建物全体をクールダウン。

約15℃~20℃建物の表面温度を下げます。

アドグリーンコート(R)TCは既存建物に塗布するだけなので修繕費用レベルで省エネ効果を発揮!

独自のWブラインド効果 太陽光高反射機能+赤外線排熱機能

「アドグリーンコート(R)TC」は、地球温暖化・ヒートアイランド現象対策として開発された、太陽熱遮熱(高反射率)・排熱機能塗料です。オフィスビルや工場・倉庫をはじめ商業ビル・店舗等、屋上や壁面などに塗布することで直射日光による熱だまりを避けて室内環境をよくする効果を持っています。LED電球の使用や太陽光パネル搭載等、各社さまざまなCO2削減対策を進めていますが、「アドグリーンコート(R)TC」は、既存建物に塗布する修繕費用レベルで省エネ効果を発揮できます。また、空調などの光熱費の軽減や作業効率アップといった点でも貢献します。

※「アドグリーンコート(R)TC」は、日本中央研究所株式会社と株式会社アドマテックス(トヨタ自動車株式会社ベンチャー1号企業)の共同国際特許出願済の遮熱塗料です。

温暖化対策・CO2排出量削減 ヒートアイランド対策 職場・住環境の快適化 省エネ効果

塗料選びの3つのポイント 耐久性・機能性・美観性

アドグリーンコート(R)TCの高い遮熱効果

遮熱塗料には通常、多孔質のセラミックが多用されていますが、「アドグリーンコート(R)TC」は、粒子径0.5μが可能にした真球状無孔質ファインセラミック(原料名:アドマファイン)を用いています。そのため、太陽熱“高反射機能”と熱だまり“排熱機能”が格段に上がり、温暖化対策・CO2排出量削減、ヒートアイランド対策、職場・住環境の快適性、省エネ効果に寄与しています。

※アドマファインは高熱伝導・低熱膨張・耐熱向上、その他多くの機能を持ち、さまざまな分野で応用されています。

セラミック(原料)の違い

高反射&排熱機能のダブル効果 空気層で熱をブロック

用途事例

自動車部品工場(埼玉)

折半屋根の工場内は夏場の暑さが厳しく、機械や人の熱が充満しています。「アドグリーンコート(R)TC」で屋根・壁・窓を遮熱対策したところ職場環境も向上、屋根の表面温度は-17℃となり、CO2削減、経費削減、作業効率UPと多くのメリットで環境に貢献しています。

自動車道IC施設

IC施設に「アドグリーンコート(R)TC 」を塗装。太陽光パネルとの併用で相乗効果が発揮され、夏場は熱でエネルギー発電量が低下するソーラーパネルも、設置場所自体を涼しくする事で発電効率がUPしました。

通信基地

「アドグリーンコート(R)TC 」塗布後、社内で効果検証を実施したところ外気温25℃を超えると遮熱効果があり、20℃を下回ると保温効果ありと報告されました。塗装前は冬16℃、夏26℃と設定を変える必要がありましたが、塗布後は温度制御を一定にでき年間を通じ空調機電気使用量の削減効果に繋がりました。

包材物流倉庫(川崎)

包材物流倉庫(川崎)

「アドグリーンコート(R)TC」で屋根塗装。7/4塗装前、外気温32.5℃で計測した屋根の表面温度は52℃まで上昇。7/21塗装後、この夏最高の外気温41.3℃で計測した屋根の表面温度が40.8℃に。倉庫内は涼しくなり、猛暑の中「裸足で屋根に上がっても平気です。」と喜ばれました。

区民センター/屋上塗装

公共施設にも「アドグリーンコート(R)TC 」が採用されています。東京23区で既に11区が遮熱塗料助成事業を推奨し高反射率塗装への助成金が設けられています。

屋上配管設備

夏場のメンテナンスは手袋をしても低温火傷するほどパイプが熱くなり苦労されていたところ、「アドグリーンコート(R)TC」塗布後は素手でメンテナンスを行なえるようになりました。塗装面の温度上昇抑制する「排熱・放射型機能」効果で現場での作業効率がUPしました。

さまざまな用途で効果は実証済み
戸建
外気温が30℃を超えると、コロニアル屋根の表面温度は塗布前と塗布後で約10℃以上の差がでます。
バス
天井部分に「アドグリーンコート(R)TC」を塗布。冷房効率がよく、お客さまアンケートでも涼しくなったという声を頂きました。
船舶
フェリーやタンカーの甲板・キャビンにも最適。暑さ対策と燃料削減に貢献しています。
コンテナ
40フィートのコンテナに「アドグリーンコート(R)TC」を塗装し、世界を廻ってます。

ページトップへ