TOPPAN SOLUTION

制作クラウドで変わる今後の書籍ビジネス TOPPAN Editorial Naviのご紹介

TOPPAN Editorial Naviについて

トッパンは、新たに書籍編集・制作支援クラウドサービス「TOPPAN Editorial Navi(トッパン・エディトリアル・ナビ、通称エディナビ)」を開発しました。まずは、そのご紹介をさせていただきます。
現在は、DTPソフト「InDesign」による本づくりが主流です。しかし、ICTメディアの普及で大きく変化しつつある環境に対応していくためには、InDesignよりももっと、クラウドに軸足を置いたしくみが必要ではないかと考えたのが、本システム開発の動機となっています。

エディナビの特長

エディナビは、webを活用した編集クラウドシステムで、web環境があれば特定の編集アプリケーションがなくても、いつでもどこでも利用可能なサービスです。以下のような特長があります。

1 ペーパーレス

環境にやさしく、ゲラの配送にかかっていた費用や労力を削減できます。誌面の仕上がりも、ゲラを待たずにすぐ確認することができます。

2 時間と場所を選ばない

書籍制作に携わるスタッフ全員が、インターネット上で、原稿や進行状況を共有しながら作業ができます。在宅勤務も可能となり、人材の有効活用につながります。

3シンクライアント

ローカル環境に他のソフトウェアを入れる必要がないため、最低限のコストで導入できます。

4ワンソース・マルチ展開

一つのコンテンツを、紙の本、電子書籍など、受け手に適した形で出力できます。

5出版コンテンツとビッグデータの連携

いわゆるビッグデータと組み合わせることで、欲しい人に欲しい形でコンテンツを届けることが可能となり、新しい販売チャネルをつくりだす可能性を広げます。

独自の書籍制作ノウハウに基づく編集機能

ここで、エディナビを使った実際の作業を確認してみたいと思います。 作家が、本のタイトルと著者名、判型を登録し、原稿のテキストデータを流し込むと、紙の本、電子書籍などの仕上がりイメージがすぐ表示されます。(リアルタイムプレビュー)。

エディターモードで、仕上がりイメージを確認しながら、見出しをつける、挿絵・写真を加えるといった編集作業が簡単にできます。
校正モードでは、クラウドに登録されているユーザーが校正を加えていくことができますが、その際、初校から二校までの間にどんな修正が行われたか、校正履歴がきっちりと残ります。もちろん、iPadなどを使って、出張先からデータを確認することもできます。
完成したデータは、ボタン一つで印刷データや電子書籍への変換出力が可能です。
従来のやりとりに比べると、非常にスマートに書籍制作を進めていくことができるシステムだと思います。紙、電子書籍に限らず、web上の読者サービスや教育現場など、さまざまなシーンでご活用いただけます。

田原 恭二(たはら きょうじ)
凸版印刷株式会社 トッパンアイデアセンター クリエイティブ本部 田原 恭二(たはら きょうじ)
日本語組版、XMLによる出版コンテンツの標準化、デジタルデバイスにおけるテキスト表現、収蔵品管理、地図情報サービス、DTPによる高速自動組版、凸版文久体などの研究開発に従事。また、JIS X 4051をはじめ、電子書籍関連、外字・異体字利活用環境整備など、多数の標準化活動にも参画。エディナビでは開発を担当。
紺野 慎一(こんの しんいち)
凸版印刷株式会社 トッパンアイデアセンター クリエイティブ本部 紺野 慎一(こんの しんいち)
1970年東京都生まれ。都立工芸高校デザイン科卒業。デザイン事務所、編集プロダクションなどを経て、1993年凸版印刷株式会社入社。ディレクターとして数多くの書籍、雑誌の組版設計に携わる。特に書体における膨大な知識に基づく的確なフォントディレクションに注目が集まる。著書に『組む。InDesignでつくる、美しい文字組版』[(株)ピー・エヌ・エヌ新社刊]。

ページトップへ