凸版印刷トッパンソリューション

topic

梅雨の季節です


梅雨がもたらす雨水は、盛夏期に必要な水(生活用水、農業用水など)を蓄えるためには必要不可欠で、なくてはならない大切は季節の通過儀礼のようなものです。とはいえ、私たちが日常生活を送る上では、あまり歓迎されないのが現実。
梅雨を表現するときに使う言葉といえば、「ジメジメ」「ムシムシ」...。やはり歓迎されていませんね。これらの同じ語句を繰り返して意味を強めたり、リズムで印象づけを図る修辞法を畳語(じょうご)といいます。同じ使うなら、気分「上々」となるよう用法を心がけたいものです。
「キラキラ」「燦々」「煌々」...、他には~「とーくdeTALK」。これも畳語? 残念ながら、畳語とは言えないでしょうね。

3.jpg