TOPPAN SOLUTION

WEBマガジン グーテンベルクの遺伝子

vol.8 電子書籍の課題と未来が見えてきた

電子書籍市場の実態を読み解く

どこが違う? スマホorスマホ以外

ここからは、同種の質問内容が多いものの単純比較もしにくくなるので、調査ごとに追っていきます。
前者調査では、利用端末としてスマホか、スマホ以外か、を比較できるようデータを出しています。利用ジャンルで顕著に差が表れたのが「新聞」です。スマホで42.1%だったことに対し、スマホ以外では13.9%と、30ポイント近い差が出ました。
利用場所では、「通勤・通学などの移動中」が顕著です。スマホの63.6%に対し、スマホ以外では22.1%。こちらは40ポイント以上の差が出ました。全体的な傾向としては、外出先ではスマホ、自宅ではスマホ以外、と見てとれます。
さらに、突っ込んで、今後の利用意向を確認しています。全体として高い利用意向を感じます。特に、スマホ利用経験者で意向の高いことがわかります。
利用したい理由としては、「何冊も冊子を持ち運ぶ必要がない」「保管場所が少なくてすむ」など、電子書籍ならではの利便性を重視した理由が上位にきています。今後の利用したくなる状況としては、「利用料金が安くなれば」「ラインアップが充実したら」の2点が突出しています。

閲読ジャンル(利用経験者母数)

利用場所

電子出版の利用意向

電子出版を利用したい理由(利用意向者母数)

電子出版を利用したくなる状況(非利用意向者母数)

ページトップへ

WEBマガジン

統合レポート・CSRレポート作成のサポートは
こちら

統合レポート・CSRレポート作成のサポートはこちら

WEBマガジン vol.1

WEBマガジン vol.2