TOPPAN SOLUTION

WEBマガジン グーテンベルクの遺伝子

vol.4 新しいプロモーションで、世間を“あっ”と驚かせたい

ANOTHER CASE 企業側にメリットはあるのか!

SCENE01

今日は、トップビール株式会社の営業マンと、スーパーのバイヤーとの商談日です。議題は、もちろん、アイデアビールの店頭キャンペーン。

STEP1

営業マンは、タブレット端末を駆使しながら、これまで行ってきたキャンペーン企画をアピールしたり、店頭での飾り付け方法などを提案していきます。バイヤーも興味は示しますが、やはり一番気になるのは売上げに直結するのか、ということ。

営業マンは、「待ってました」とばかり、他店で実施した際のデータを出してきました。これを見てバイヤーも納得。商談も無事にまとまったようです。

シーン中の隠れている効果
  • データ化することで、今までのような分厚い資料もなくなり、持ち運びも手軽になりました。
  • ペーパレス化によるコスト削減の効果は絶大です。
  • 動画や音声などを駆使することで、クオリティもアップ。プレゼン提案力が飛躍的に向上しました。
  • クライアントからの質問にはタブレット上ですぐに本社に確認。即、送られてきたデータをもとに回答することで、好感触を得ることに直結します。

SCENE01

アイデアビールを取り扱うラウンダー。各エリアのラウンダーは担当店舗を巡回し、売上数や店頭キャンペーンの状況を確認します。

STEP1

東京で担当店舗巡回中のEさん、お店の担当者に最新情報を提供する一方で、売上状況を確認したり、展開中の店頭キャンペーンをチェック、撮影しています。すると何やら受信したようです。

確認すると、大阪で活躍中の伝説のラウンダー、Fさんのサクセス事例情報です。これを見て、Eさんは「よしっ、早速チャレンジしてみよう」。情報はスピードが命、一つのサクセス事例が広がっていく瞬間です。

シーン中の隠れている効果
  • 売上状況、在庫、キャンペーン情報など、すべてのデータはタブレット端末に集約されているので、すぐに最適の情報を呼び出すことができます。
  • データ化したことによりペーパレスを実現、コスト削減にもつながっています。
  • 巡回店舗の売上状況の報告もタブレット端末上で完了、業務効率化に役立っています。巡回のスケジュール管理もバッチリです。
  • 店頭キャンペーンの状況は、カメラで撮影、データも添付して送付。本部には瞬時に各担当者から報告が上がってきます。サクセス事例を、すぐに水平展開することができます。

GOAL

業務にタブレット端末を駆使した営業支援ツール、ラウンダー支援ツールを導入することによって、業務が効率化することはもちろん、コスト削減、管理制度の向上などのさまざまなメリットが生まれます。そして、何と言っても情報を共有すること、つまり「声」の共有が共鳴・共感となり、インナーコミュニケーションの活性化、従業員のレベルアップに結びつきます。

ページトップへ

WEBマガジン

キーワード辞典

統合レポート・CSRレポート作成のサポートは
こちら

統合レポート・CSRレポート作成のサポートはこちら

WEBマガジン vol.1

WEBマガジン vol.2