TOPPAN SOLUTION

WEBマガジン グーテンベルクの遺伝子

vol.3 自動認識技術のある社会―ICタグで暮らしやすく―

現場でICタグの開発に携わる担当者に聞く 最新の技術と応用で作り出したICタグ

市場のニーズや利便性の向上、また新たな需要を求めて、ICタグの世界も日々、進化を遂げようとしています。ICタグの開発の第一線で働く凸版印刷株式会社 トッパンアイデアセンター セキュアソリューション本部の担当者から一番ホットな情報を聞き出しました。

印刷会社の強みを活かしたICタグ

凸版印刷の印刷会社としての強みを活かしたタグの開発が、私の仕事です。では、印刷会社の強みとは何か。印刷物、つまり箱やパッケージに、ソースタギングといって製造工程でタグを取り付けられることです。通常、メーカーなどの場合は、後工程で取り付けるのがほとんどです。しかし、凸版印刷は、例えば化粧品や医薬品、食品、酒類のラベルやパッケージも製造しており、製造工程でタグを取り付けられる。後からタグを取り付けるコストや時間を節約することができるのです。これは大きなメリットです。
これらのパッケージへのソースタギングが商品として実用化されるのは、これからですが、近年、日本ブランド製品がアジア市場で人気がある一方で、その偽造品が大量に市場に出回り、その偽造された医薬品、食品、酒などが問題になるケースもあり、ソースタギングの実用化が印刷会社として非常に期待されている分野の一つです。ICタグはトレーサビリティ、偽造防止、真贋判定などに役立ってくれると思います。印刷技術やデザイン性をうまく活用して、タグが取り付けてあることがわからないようにすることだって可能です。これからも、印刷会社ならではの技術を活かしたタグの開発に取り組んでいきたいと考えています。

トッパンアイデアセンター
セキュアソリューション本部
山岡経之介

医療機関向けに滅菌対応のICタグを開発

私が開発しているICタグは医療関連向けのもので、微生物を死滅させる滅菌工程を繰り返し行っても、問題なく通信できるという特長があります。ICタグを取り付ける管理対象物としては手術器具、ガーゼ、医療用リネン類など、高い洗浄度を保つ必要があるものばかりで、それゆえ滅菌工程の履歴などを確実に管理する必要があります。
今回のICタグの開発にあたってクリアしなければならない条件が2つありました。1つは、オートクレーブ滅菌という高温蒸気滅菌に耐えられること。もう1つは、人体に影響のない外装材料であることです。
外装材料自体が特殊だったため成型において非常に苦労しましたが、条件を何度も見直すことで完成することができました。このICタグは医療機器の高温蒸気滅菌で一般的に行われている温度134℃・湿度100%・3気圧・30分というICタグにとって過酷な環境で100回以上繰り返し滅菌処理を行っても通信・外観に劣化が生じていません。製作した大小2種類のタグのうち小さいICタグは手術器具やガーゼなどの医療器具に、大きいICタグはシーツや手術着などのリネン類に取り付けることを想定していますが、取り付け対象物に応じたカスタマイズも可能です。医療系機器管理でお困りのお客様のニーズに合致したタグを開発し、「医療用ICタグといえば凸版」と言われるような信頼を得たいと考えています。

トッパンアイデアセンター
セキュアソリューション本部
小久保悠

造船現場で活躍する高耐熱のICガラスタグ

資源の少ない日本にとって必要不可欠な石油や天然ガスを海上運搬するタンカーに、1万本ものパイプが使われていることはご存じですか。タンカーを建造するにあたり、これら大小さまざまなパイプの1本1本を目視で識別しながら組み立てています。タンカー用のパイプはサビで腐食破損させないよう、めっき処理を施さなれればならないのですが、そのめっき処理をすると、パイプに印字されていた文字が見えなくなるので識別が困難になります。そこで必要とされるのがパイプを管理するタグです。タグで管理することで識別が容易になり、ミスを防止することもできるし、作業もスムーズになります。
しかし、造船現場で使用するには、高温に耐えられる耐久性に優れたタグである必要があります。その厳しい条件に耐えるために開発されたのが、ガラスタグです。このガラスタグは耐熱ガラスと断熱材によって覆われていますので、中のICチップ、アンテナに問題が発生することはありません。今、繰り返し実証実験を行っていますが、450℃にも耐えることができます。

トッパンアイデアセンター
セキュアソリューション本部
落合麻衣子

効率化に期待が集まる光学ディスク管理ICタグ

私が開発を手がけている光学ディスク管理ICタグは、CDやDVD、ブルーレイなどを管理するためのもので、ディスクの表面上に直接貼り付けることができるICタグです。このICタグの主な役割は2つ。1つは、機密文書管理です。会社などで機密文書を、誰が、いつ、持ち出したのかなどを管理することができます。
もう1つは、棚卸し管理です。レンタルショップなどでの棚卸し作業が一気に効率化します。その秘訣は、何といっても一括大量読み取りにあります。今回の開発品は同時に何十枚もの情報を読み込むことができるので、棚卸し作業が大幅に簡素化されることは間違いないでしょう。もちろん、同時といっても、人間の目にはそう見えるだけで、実際は1枚1枚を順番に読み取っているので、エラーを起こすような心配もありません。この機能は、私たちがレンタルする際にも利用できて、何枚も借りる際のレジでのわずらわしさが解消でき、待ち時間も短縮されると期待されています。

トッパンアイデアセンター
セキュアソリューション本部
柳下利明

ページトップへ

TOPPAN オートIDイノベーション 第13回自動認識総合展

WEBマガジン

今なら間に合うキーワード辞典

統合レポート・CSRレポート作成のサポートは
こちら

統合レポート・CSRレポート作成のサポートはこちら

WEBマガジン vol.1

WEBマガジン vol.2