TOPPAN SOLUTION

第33回 流通情報システム総合展 リテールテックJAPAN2017 展示会レポート

2017年3月7日(火)~10日(金)、東京ビッグサイトにおいて第33回流通情報システム総合展「リテールテックJAPAN2017」が開催され、流通・小売業界向けのソリューションを提供する代表的な企業が一堂に会し、活発な情報発信を実施しました。
トッパングループは、「個店販促力」「個客対応力」「個性的魅力」の3つの“個のチカラ”を軸に、流通業界の今の課題を解決するソリューションを展開、加えて「オリジナルソリューション」「次世代系ソリューション」を提案しました。
このレポートでは、厳選のソリューションをお届けします。

位置情報連動型広告「Shufoo!ココチラ」

店舗が設定した配信エリアとスマートフォンの位置情報が連動し、そのエリアに入ったお客さまを検知して、PUSH通知で情報をお届けするサービスです。WEBチラシが「折り込みチラシ」のデジタル版とすると、「ココチラ」は「街頭手配りチラシ」のデジタル版。マネキンが神出鬼没に現れ、お得な情報やクーポンを配布するイメージで、非計画来店につなげます。
ご利用料金は1通知10円の従量課金で、月の上限配信数を設定することで、ご予算に応じた配信コントロールが可能です。検証実験(ヤオコーららぽーと富士見店様にて)によれば、PUSH通知を行った80人のうち来店者は20人。800円で20人来店に貢献したことになり、1人当たりの集客単価は40円という結果が出ています。また、通行人の多い場所では、1日500人への通知(津田沼駅周辺)、100人の来店に貢献した実績も出ています。

担当者の声

どこから来店したお客さまなのか、地図上にプロットしてレポートを出したり、発信情報別に効果測定データを取ることが可能。すでに約90店舗でご利用いただいており、「この通知画面を見せれば景品を差し上げます」「お近くの店舗で話題の焼きたてパンが焼き上がりました」といったシンプルな情報は、非常に高い効果を出す傾向があります。データを見ながら、「ここぞ」というタイミングで質の高いコミュニケーションに役立てていただければと考えています。

(メディア事業推進本部 メディアソリューション部 課長 竹中 祥介)
※組織は2017年3月31日現在のものです。

Shufoo!アプリ 新UI/UX

国内累計1,000万ダウンロードを突破したシュフーチラシアプリが、2017年3月末、ユーザーとお店の出会いと結びつきを強化するアップデート版をリリース。

「店舗検索機能」バージョンアップ

地図から店舗検索が可能になり、マイエリア周辺だけでなく、お出かけ先や勤め先周辺の情報検索が簡単に。文字入力にもサジェスト機能を追加し、ユーザーとお店の新たな出会いの場を拡大します。

個店を軸とした「オススメ一覧」新設

チラシ、ミニチラなどのコンテンツ別一覧に加え、個店を軸として、チラシ以外を含めた多彩なコンテンツを表示する「オススメ一覧」を新設しました。個店からのさまざまな情報を、ユーザーに合わせてお勧めし、“個”店と“個”客の最適な情報接点を構築します。

「メモ機能」追加

チラシの中で気になる商品があれば、画像の一部を切り取ってメモできる機能を追加。メモからチラシ全体の画像にすぐ戻ることもできます。

担当者の声

ダウンロード数も、掲載いただいている企業も順調に伸び続けているShufoo!。個々のお店と、個々のユーザーの最適な出会い・結びつきを拡大するというコンセプトでインターフェースをリニューアルしました。これからも進化を続けるShufoo!を、集客・販促により一層活用いただければ幸いです。

(メディア事業推進本部 メディアソリューション部 吉永 淳史)
※組織は2017年3月31日現在のものです。

ページトップへ

リテールテック2017 トッパンブースの映像紹介

建築・建材展2017 トッパンブースの映像紹介

Shofoo!

Mapion

旅道(R)

BPO