TOPPAN SOLUTION

第30回流通情報システム総合展 リテールテックJAPAN2014 展示会レポート

各種ソリューション

PopCamera

手と手が触れ合った瞬間にシャッターが切られ、その瞬間の豊かな表情が残ることで、イベントで大好評を博している「LoveCamera」に続き、躍動的な表情をとらえる「PopCamera」が新登場しました。ユーザーはカメラの前にセットされたセンサーマットの上でジャンプ。その瞬間にシャッターが切られ、笑顔あふれる空中写真を撮影します。事前に選んでおいた背景と合成して1枚の写真に。その場でプリントアウトすることもでき、プリントのQRコードとの連携でSNSに拡散させるなどの楽しみもあります。どちらもこれからの季節にピッタリで、より多くの皆さんに、実際に体験してもらいたいサービスです。

(メディア事業推進本部 デジタルサイネージ事業推進部
サイネージ開発T 岡田 亮)
※組織は2015年3月31日時点のものです。

プロジェクションマッピング

プロジェクションマッピングといえば、大規模なイベントを想起する人がほとんどでしょう。ここではその技術をミニマムにし、商品パッケージに投影するなど店頭、商品棚で行うことで、エモーショナルに顧客層にアプローチしていきます。デジタルサイネージでは商品ではない場所に目を移す必要がありましたが、このプロジェクションマッピングは商品そのものが広告になるので、商品イメージをダイレクトに伝えやすく、認識をより早くすることができます。来店者の75%の人が売り場で買うものを決めるというデータもあります。肥えた消費者の目にも新鮮にアプローチできる注目のサービスです。一般化するのは少し先になると思いますで、他社に先駆けて導入してみてはいかがでしょう。

(情報コミュニケーション事業部 トッパンアイデアセンター マーケティング本部
マーケティング企画部 内藤 一弘)
※組織は2015年3月31日時点のものです。

出展後記

本年はリテールマーケティングサービスを支える4つのエンジン「販促メディア」「オム二チャネル支援」「決済マーケティング」「データマネジメント」に加え、様々な店頭コミュニケーションを含めた幅広いトッパンのサービスを紹介させていただきました。トッパンブースへは国内だけでなく海外のお客さまも来訪いただき、様々なご意見・ご感想を承り厚く御礼申し上げます。流通戦国時代ともいえる激動のマーケットの中で、トッパンは今後とも長年培ってきた「印刷テクノロジー」をもとに、「今を拡げる、未来を創る」パートナーとしてお客さまと共に成長していきたいと考えております。
引き続きご支援・ご鞭撻のほど、宜しくお願いいたします。

凸版印刷株式会社 情報コミュニケーション事業本部
事業戦略本部 販売促進部

ページトップへ