TOPPAN SOLUTION

第31回流通情報システム総合展 リテールテックJAPAN2015 展示会レポート

オムニチャネル支援エンジン

「オムニチャネル支援エンジン」は、ユーザーの状態や接触する情報に合わせて、より鮮度の高い情報をいち早く効果的に届けるシステムです。トッパンがこのサービスを通じて提供するメリットは3つ。1つめはチラシ、DM、カタログ、デジタルサイネージなどの情報が一元管理できるノウハウ。一元管理することで、情報をスピーディに展開することが可能となっています。2つめは印刷会社ならではの、制作オペレーションに関する高度なノウハウ。これらのノウハウを組み合わせることで、オムニチャネル推進を図る流通各社に総合的なサービスを提供してまいります。

(情報コミュニケーション事業本部 ICTソリューションセンター ソリューション
推進一部 浮田 貴章)
※組織は2015年3月31日時点のものです。

送客型デジタルサイネージソリューション

デジタルサイネージとスマートフォンを連動することにより、売り場へと送客するサービスです。キャンペーン情報をサイネージに表示し、キャンペーンを訴求。ユーザーのスマートフォンへBeaconを用いてお得情報を配信します。例えば、ビールサンプリングキャンペーンであれば、情報をサイネージでユーザーへ訴求し、クーポンとおすすめのレシピをスマートフォンに送信。キャンペーンへの参加や店舗への誘引へつなげます。コンテンツの豊富さが重要になりますが、トッパンが持つ商品データや雑誌の豊富なコンテンツデータベースにより、制作が簡単にできるのも魅力です。

(情報コミュニケーション事業本部 ICTソリューションセンター ソリューション
推進二部 深井 俊吾)
※組織は2015年3月31日時点のものです。

決済マーケティングエンジン

独自に機能している「電子決済(ポイント付与を含む)」「会員情報」「販促機能」を、ユーザーの利便性を考えて販促から決済までのプロセスを一つにつなげたのが「決済マーケティングエンジン」です。これまでは、決済とマーケティングは分断されていました。ショッピングに際しては、会員証を見せる、代金を支払う、クーポンを受け取る、これらの作業は一つ一つバラバラに行われていて、つながっていませんでした。それをスマートフォンに集約することにより、一連のプロセスが一体になったのです。ユーザーはスマートフォン一つで、会員証の提示、決済、残高やポイントの確認が同時に行えるようになり、快適なショッピングが楽しめるようになります。一方の流通様側でも、ユーザーの行動に即したマーケティングが実施できるので、ユーザーの購入データに合った商品のクーポン発券など、より購買に直結するアプローチが可能となるのです。

(情報コミュニケーション事業部 トッパンアイデアセンター
コミュニケーションデザイン本部 カスタマーマーケティング部 苫米地 信治)
※組織は2015年3月31日時点のものです。

データマネジメントエンジン

「どうすれば、(人参ばかり食べる)ウサギはブロッコリーを買ってくれるだろうか」。今回のトッパンの企業広告のテーマでもあります。いつもと同じ商品ばかりでなく、新しい商品に手を伸ばしてほしいという考えからスタートしたのが「データマネジメントエンジン」です。顧客層を購入履歴などのデータからタイプ別に分類し、顧客のニーズをとらえることで、これを実現します。例えば、「産地や品質にこだわるタイプ」「無添加や低カロリー食材をよく購入するタイプ」「子ども向けの商品や菓子を購入するタイプ」などにタイプ分けを行います。そして、それぞれの買い物志向に合わせた、「生産者のメッセージ」「健康情報」「お菓子レシピ」といった興味をそそるコンテンツを発信することで、需要を掘り起こすのです。商品は売りたいが割引は控えたいという流通様のニーズにマッチした、売りにつなげることができるサービスです。

買い物DNA

これまでの顧客分析は「Aさんが1万円購入した」「Bさんは最近購入が減っている」など金額や頻度、タイミングで判断することが主流でした。データマネジメントエンジンでは、それぞれの商品に“DNA(因子)”をつけてグループ分けし、購入商品のDNA分析から買い物スタイルを割り出し、効果的なアプローチを実現します。例えば、「高級」「コダワリ」といったDNAがつく商品を購入する頻度が高ければ「こだわりタイプ」、それが「健康」なら「健康志向タイプ」、「子ども」「お得」なら「子育てタイプ」などなど。そして、タイプごとに最適な説得話法を用います。1年ほど前から導入している流通様からは、顧客の購入額が増加したなどの結果も報告されています。

(情報コミュニケーション事業部 トッパンアイデアセンター
コミュニケーションデザイン本部 カスタマーマーケティング部 森川 東勲)
※組織は2015年3月31日時点のものです。

ページトップへ