TOPPAN SOLUTION

インバウンド・ジャパン2016

コミュニケーション ~おもてなし・環境整備ツール~

訪日客とのリアルコミュニケーションをサポート カスタマイズ型音声翻訳アプリ

話しかけると外国語に翻訳してくれる音声翻訳アプリです。シンプルで操作しやすく、初めて目にする外国人でもすぐに利用できるように工夫されています。一般的な音声翻訳システムでは専門用語に対応しておらず、業務上支障が出るという課題がありましたが、トッパンでは専門用語が反映させる形に音声翻訳の辞書をカスタマイズすることで実用性の高い音声翻訳を提供しています。観光地や商業施設、交通機関での接客業務のほか、スポーツイベントや展覧会、自治体などにおける受付業務にも。海外からの観光客との快適なコミュニケーションが図れます。

担当者の声

専門用語が、翻訳できないために、うまくいかないケースをよく耳にします。実際の現場で使える音声翻訳にするためには、商品名・地名・専門用語を翻訳させることが必須だと考えます。そこで、トッパンではこちらの工程を重視して、①利用現場の調査・ヒアリング ②シナリオ作成  ③用語とフレーズの抽出 ④音声翻訳が参照する辞書に用語と会話フレーズを追加 という工程を経て音声翻訳を提供しています。『現場で使える音声翻訳』をご要望の方はぜひ、お声掛けください。

(情報コミュニケーション事業本部 トッパンアイデアセンター
クリエイティブ本部 コンテンツ企画部 野阪 知新)

マーケティング ~訪日外国人のインサイトを掴む~

位置情報解析と行動傾向データ収集 Mapion×Nightley

株式会社マピオンの「loghouse(ログハウス)」は、Webアクセスログやユーザ行動データなどを地図上にプロットし、人やモノの動きを可視化する位置情報可視化・分析ツールです。このたび、「loghouse」と、株式会社ナイトレイの訪日外国人旅行者解析サービス「inbound insight(インバウンド・インサイト)」がデータ連携を行いました。
「inbound insight」はSNSの投稿内容を分析し、訪日外国人の行動や移動経路などを解析・可視化できるツールです。
「inbound insight」のSNS解析データを「loghouse」上で表示することで、訪日外国人の行動傾向とアクセスログを比較することが可能となりました。企業や自治体のインバウンドマーケティングにおける、施策の仮説立案から効果検証までが、より高い精度で実現可能となります。
マピオンでは、他にも英中韓対応の多言語地図や、自治体が発行する観光パンフレットの電子配信(実証実験)など、変化の激しいインバウンドビジネスに最適なソリューションを提供しています。

担当者の声

電子配信された観光パンフレットを閲覧している外国人観光客が、どこで閲覧しているのか、閲覧後実際に現地を訪れたのかも「loghouse」で分析できます。さらに、「inbound insight」により、旅行者の滞在エリアを可視化することでターゲットユーザの多い場所が把握できます。インバウンド向けの施策を行う自治体や企業の皆様にご活用いただけます。

(株式会社マピオン ビジネスソリューション部 小林 祐也)

出展後記

経済状況の先行きが不透明な状況下でも、訪日観光客の数は増え続けています。
日本を訪れる方が、滞在期間中に心地よいおもてなしを受け、もう一度日本を訪れたいと感じてもらうためには、商品だけでない日本のさまざまな魅力を伝えることが必要です。
トッパンは、今回のインバウンド・ジャパン2016でも提案させていただいた「旅道®」のコンセプトのもと、多くのお客さまとともに「何度も旅したくなる日本」の実現に向け努力を続けてまいります。
引き続きご支援・ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。

凸版印刷株式会社 情報コミュニケーション事業本部
事業戦略本部 販売促進部

ページトップへ

旅道(R)

高品質4K映像コンテンツ

BPO

ideanote