TOPPAN SOLUTION

第8回 教育ITソリューションEXPO 展示会レポート

講演レポート

前原小学校の実践事例

ICTを「主体的な学び」にどう生かすか

文部科学省から3月31日に告示された新学習指導要領では「主体的・対話的で深い学び」がうたわれ、生きて働く「知識・技術の習得」、未来の状況にも対応できる「思考力・判断力・表現力の育成」、学びを人生や社会に生かそうとする「学びに向かう力・人間性の涵養(かんよう)」、この3つの観点でこれまで培ってきた資質・能力を再整理し、21世紀を生き抜く力をしっかりと身につけていくことが説かれています。そしてこれら資質・能力を学校現場では、アクティブ・ラーニングによってしっかりと育むことが大きな話題となっています。
前原小学校では、2016年9月から、3年生(2クラス)で「やるKey」を使って算数の授業を行っています。私が取り組んできたプログラミングの授業と「やるKey」を比較して、ICTを今後どうように学びに生かしていくべきなのかを考えてみました。

アクティブ・ラーニングのカギはAdaptive,Assistive,Accessible

プログラミングで情報端末を活用すれば、それは一人ひとりの子どもにとってAdaptiveな学習環境となります。また、端末はたくさんの視覚情報を提供することで子どもの理解を支援することができます。さらに情報端末にはキーボード、音声入力など、さまざまなアクセシビリティが用意されています(Assistive)。アクティブ・ラーニングを実現するには、まずこのAdaptiveな学びが保障されなければなりません。

一斉授業の補助的な使い方では、ICTの良さを生かしきれない

「やるKey」を使った授業では子どもたちは集中して取り組んではいたのですが、プログラミングのように互いに学び合うアクティブさは見られませんでした。これが現在の教育現場の現実であり、従来教科の指導法の限界ではないかと思っています。原因は、画一・一斉授業のフレームにあって、「やるKey」の活用が補助的なものにとどまっていたからです。本来、クラスに40人の子どもがいれば40通りの学習過程(学び)があるはずです。一人ひとりに合わせた学び(Adaptive)を実現しなければ、情報端末を使ってもアクティブな授業にはならないのです。

学びのオーナーシップを子どもに委ねる「教えない」勇気を

今後、学びのオーナーシップを最初から子どもに委ねる勇気が必要だと思います。つまり「やるKey」を従来授業のAdd ONとして活用するのではなく、「やるKey」での学習をメインにした授業を組織するのです。そのためのコンテンツとして「やるKey」は非常に適しています。「やるKey」を使って子どもたちに自由に学習を進めてもらい、先生はそのフォローに回るのです。その際、現実には一人の先生が40人の子どもに対応できませんから、クラスを3つのグループに分け、それぞれのグループの学びの特質に合わせて対応することが極めて大事になります。

ICTを活用して、学びのオーナーシップを子どもに委ねるためには、教師の「教えない勇気」が欠かせません。これまで「教える」ことを一生懸命学んできた教師にとって、それは難しいことだと思います。しかし、そこを乗り越えなければならないのではないか。子どもより教師自身の意識を変えていく必要があるのです。

教科教育や学年の枠を超えて

最近はICT(特に情報)のインフラが整っていて、学びたいと思えば先生に教わらなくても自分で学ぶチャンスが増えてきました。たとえば本校の1年生で、保護者も本人も算数が好きで、もう6年生の学習単元をやっている子がいましたが、自ら学べるなら躊躇せずに前に行かせてあげるべきです。小学校でも学級崩壊が増えていますが、その原因の一つが「学びがつまらない」ことです。だからこそ、子どもに学びの主導権を渡すべきではないか。さまざまな学習支援コンテンツを活用し、知りたいことをどんどん調べたり、質問や気付いたことを書き込んだり……そのような新しい形が、子どもたちの主体的な学びにつながるのではないでしょうか。

出展後記

凸版印刷として出展して既に5年目になりますが、今年も会場全体での来場者数が3万人を超え、出展企業も約800社と、ますます盛り上がりをみせておりました。当ブースでは、グループ各社の教育ICTソリューションと当本部の2つのソリューション「やるKey」と「CoreLearn」を紹介、普段は中々聞くことができない貴重なご意見やご感想をいただくことができました。その内容も踏まえ、これからも教育現場の方々にとってこれまで以上にお役に立てる新たな提案を考えてまいります。

凸版印刷株式会社 教育事業推進本部 事業開発部

ページトップへ

第8回 教育ITソリューションEXPO トッパンブースの映像紹介

〈金融系〉完全習得型デジタル教材Core Learn

やるKeyのサイトができました!

ideanote

Mapion