TOPPAN SOLUTION

第6回 教育ITソリューションEXPO 展示会レポート

授業の復習、宿題や小テストの作成に プリント教材作成システム KAWASEMI Lite 2015

赤本シリーズで知られる、英俊社の中学・高校入試問題データベースを利用して、オリジナルプリントを作成・印刷できるシステムです。必要なのはインターネット環境とプリンターのみ。必要な単元や年度から検索し、過去の入試問題データベースから使用したい問題を問題作成画面にドラッグ&ドロップで選択・配置するだけで、問題用紙と解答・解説のPDFとして自動作成される仕組みです。塾や学校のロゴなどを入れることもできます。月額2,500円からと手頃なところも魅力です。

担当者の声

赤本シリーズに収録されている全400校と、全国47都道府県の公立高校入試など、英俊社が持つ約20万問分の入試問題データベースがあったからこそ、実現できたシステムです。単元別検索が容易にできるので、たとえば中学1年生の既習範囲だけで入試問題の課題プリントをつくるなど、自由自在。PDF形式なので、子どもの苦手単元や志望校を考慮して、個別の課題をネット配信することも可能です。学校から少人数制の塾まで、さまざまな教育現場でご利用いただけます。

(トッパンアイデアセンター
関西TIC本部 ICTソリューション部 主任 辰己 元昭)

(株式会社英俊社 代表取締役
久保 博彦 氏)

ミニセミナーのご案内

展示会の期間中、トッパングループが展示した商材の導入・協賛事例などを、外部から講師をお招きしてミニセミナーを開催しました。今回は数あるセミナーの中から、「学びゲット!」をご紹介いたします。

やる気を引き出す無料学習サービス 学びゲット!

私たちパシフィックリーグマーケティング株式会社(PLM)は、パ・リーグ6球団の出資会社として2007年に設立。野球ファン層の拡大をミッションとしています。
日本のプロ野球界のマーケットは縮小傾向にありますが、パ・リーグを盛り上げるために、PLMとしてもさまざまなプロモーションを展開しています。その戦略のポイントとしているのが、未来のファン層である子どもをターゲットにしたリアル体験です。2014年はウルトラマン、2015年は仮面ライダーと「親子ヒーロープロジェクト」と銘打った球場イベントを実施しました。そんな体験型プロモーションのひとつとして、「学びゲット!」ともコラボさせていただきました。
「学びゲット!」では、野球のルールに関する問題や、算数や英語に野球を絡めた問題を出題させていただいています。現在、野球を知らない子どもたちが増えていますが、学習の中で野球と親しんでほしいというのが私たちの願いです。野球には、「やる気」を刺激する楽しい要素がいっぱいつまっています。学習要素と絡めて野球との接点をつくり、子どもたちのやる気と、将来の野球ファンを育てる施策に、今後も取り組んでいくつもりです。パ・リーグは教育のバッターボックスに立ち続けますので、これからも応援よろしくお願いいたします。

(パシフィックリーグマーケティング株式会社 IT統括部 大上 武志 )

「学びゲット!」とは

「学びゲット!」は、子どものやる気を引き出し、自発的な学習を促す無料学習サービスです。トッパンと学研パブリッシングがタッグを組み、共同で開発。食べ物や乗り物など、子どもたちが興味を持ちやすい身近なテーマと、学校で習う単元を結びつけて出題しクイズ形式で楽しく学べます。学習履歴から苦手分野を確認でき、復習クイズによって、無理なく苦手克服につなげることができます。
また、大きな特徴は、現在6社の企業が参加しており、企業の取り組みや工夫について学ぶ企業クイズがあること。子どもたちは学習をやり遂げると、企業からのプレゼントをゲットすることができます。これにより、企業は「学びゲット!」を通じて子どもやその保護者に対し、企業活動や商品の認知を向上させることができ、ブランディングやセールスプロモーションツールとして「学びゲット!」を活用することができます。

出展後記

今年は初日から会場全体が盛り上がっているように感じました。当ブースにも大勢のお客さまに来訪いただき、数多くのご意見、ご感想を賜ることができました。先生方をはじめとした学校関係者、教育委員会の方々は、機器やインフラの整備だけでなく、教材の必要性を切に感じているということを再認識する機会となりました。
これからも私たちは、教育現場や人の成長を願うさまざまな立場の方々に、自治体、学校だけでなく地域、家庭、企業の役割も含めた新しい学びのかたちを提案していきます。

凸版印刷株式会社 教育ICT事業開発本部 事業企画部

ページトップへ