TOPPAN SOLUTION

第18回 自動認識総合展

2016年9月14日(水)~16日(金)、東京ビッグサイトにおいてIoT時代のKeyテクノロジー「第18回 自動認識総合展」が開催されました。
トッパングループは「あなたの身近にあるトッパンセキュアソリューション」をコンセプトとして、セキュア技術と自動認識技術を組み合わせた業務効率化、真贋判定、トレーサビリティなどのソリューションを提案。「物流」「店頭」「製造」「バックオフィス」と4つを柱に、最新のサービスや活用事例を出展しました。
このレポートでは、厳選のトッパンセキュアソリューションをお届けします。

パレット・カゴ車の「今、何が、どこにある?」を解決! 循環資材管理システム NETLOOPASS

NETLOOPASSは、ICタグを使い、パレットや折りたたみコンテナなどの循環資材が「今、どこにあるか」を管理するICタグソリューションです。物品の所在はもとより、利用履歴、在庫情報などをリアルタイムに把握することができます。情報を読み込むリーダーライターは専用の据置型やハンディーターミナル型に加え、スマートフォン(アンドロイド)も使用可能に。
そして、何と言っても今回の目玉は、トッパンが新たに開発したクラウド型統合ID認証サービス「ID-NEX」というプラットフォーム上にNETLOOPASSを構築できるようになったこと。クラウドサービスですので、低コストで、しかもスピーディな導入が可能となりました。今までよりも大量の物品を管理できるようになったのも、大きな魅力です。

担当者の声

ID-NEXの存在は大きいですね。従来、お客さまの環境の中でしか展開できなかったものが、トッパンのクラウドサービスとして提供できるようになったことのメリットは絶大です。個別のアプリケーションやシステムを開発する必要がなくなりましたので、初期コストや導入負荷を大幅に削減できるようになったのです。今までなら導入を悩んでいたお客さまも、コストという大きな障壁がなくなりました。今が導入のチャンスです。

(情報コミュニケーション事業本部 セキュアビジネスセンター セキュアビジネス推進本部 ICTソリューション推進部 
近藤 智則)

IoTを活用した業務効率化ソリューション 物流支援ロボット CarriRo×RFID

ZMP様の物流支援ロボット「CarriRo」とトッパンのRFID技術が融合した新しいソリューション。CarriRoとは荷物の運搬を容易にする台車ロボットで、ドライブモードやカルガモモードを使って動きます。ドライブモードではジョイスティックを操作するだけで走行。力は必要ありません。カルガモモードはビーコンに反応し追従するしくみになっており、最大3台まで同時に移動することが可能です。また、現在開発中の自律移動モードが完成すると、予め決められたルートを無人で移動することができるようになります。
このCarriRoとRFID技術が組み合わさると、どんなことができるのか。例えば、ピッキングの際、伝票の内容に従って作業する精度を確実にします。どの商品を何個と指示のとおりピッキングすれば、完了のサインが出ます。もし、荷物や個数を間違ったとしてもアラートで知らせてくれるので安心。CarriRo上にすべての商品が積載されると、自律移動をしてトラックヤードまで運んでくれるようになります。検品ミス撲滅+省人化に期待のソリューションです。

担当者の声

このソリューションを導入することによって、物流現場が省人化・省力化できるでしょう。労働力不足が問題となっている昨今、注目のソリューションです。CarriRoを使っての運搬に力は必要ありませんし、もし障害物に出くわしたとしてもセンサー制御で自動的にストップするしくみになっていますので、女性でも安心して操作できます。これから実証実験、検証を経て、来年の夏頃にはリリースしたいと考えています。

(情報コミュニケーション事業本部 セキュアビジネスセンター セキュアビジネス推進本部 セキュア販促部 落合 麻衣子)

ページトップへ

トッパンセキュリティデバイス

icタグ

IC Card Solution