TOPPAN SOLUTION

第17回 自動認識総合展

2015年9月16日(水)~18日(金)、東京ビッグサイトおいてIoT時代のKeyテクノロジー「第17回 自動認識総合展」が開催されました。
トッパングループは「あなたの身近にあるトッパンセキュアソリューション」として、安心・安全に貢献するソリューションを「店頭」「バックオフィス」「物流」3つのカテゴリーに分類して提案。今回は、第17回 自動認識システム大賞「大賞」を受賞した「PUF機能搭載RFIDを使った真贋判定サービス」も出展し、より多くの注目を集めました。

第17回 自動認識システム大賞「大賞」受賞! PUF機能搭載RFIDを使った真贋判定サービス

PUF機能とは、ICチップの指紋ともいえる、製造時に意図しない微細な差異を利用し製品の真贋判定を行う機能です。この差異は、事実上複製不可能。本サービスは、PUF機能搭載RFID「SMARTICS-V」を使って、真贋判定を行います。RFIDを、製品の購入者自身がNFC対応スマートフォンで読み取ることで、簡単に真贋判定できることが特長です。真贋判定だけでなく、正規品の認証画面からユーザー登録やオンライン製品マニュアル、あるいは関連商品の紹介ページに誘導するなど、ユーザーとのコミュニケーションにもお役立ていただけます。今回、株式会社タニタ様の「ポケッタブルスケール」の一部の商品に採用していただきました。

担当者の声

タニタ様より、海外で発売しているポケッタブルスケールの模倣品があとをたたない、ホログラムシールなどを貼っても偽造されてしまうとのご相談があり、そこから採用に至ったのは光栄の限りです。「SMARTICS-V」は、複製が不可能な上、暗号処理を使って識別を行うほかのRFIDに比べて、比較的安価に提供できるのが特長です。自動認識システム大賞の受賞を機に、さまざまな企業の方にこのサービスを知っていただきたいですね。

(情報コミュニケーション事業本部 セキュアビジネスセンター 
セキュアビジネス推進本部 黒澤 真路)

日本酒がいつ、どこに、どのような状況で届いたかを可視化 日本酒物流可視化プロジェクト

トッパンは、日本酒のトレーサビリティの実現や模造品対策を目的とした実験を、車多酒造様、桝田酒造店様、流通システム開発センター様、日本アイ・ビー・エム様、慶應義塾大学SFC研究所様、大和コンピューター様と共同で、2015年7月10日まで行いました。日本酒の瓶に、開封検知が可能なUHF帯ICタグを取り付け、メーカー、物流拠点等で読み取り、その情報をすべてクラウド上に集めることで、1本の日本酒がどんな履歴をたどって来たかが明確に。トレーサビリティ情報は、温度管理情報や、そのお酒に合う料理といった商品情報とも紐付けられており、基盤となるクラウドサービスはFacebookと連動。消費者の声を拡散させることができました。

担当者の声

今回使ったICタグは、はがすと破れる脆性加工がしてあり、貼替がきかず、開封検知ができるのが特長。また、金属や水分にも強いため、酒瓶に貼っても読み取りやすくなっています。今後、ジャパンブランドを輸出する際、偽造を防いで食の安全と品質を守ることがますます必要になってくるでしょう。真贋判定の過程で、消費者と直接コミュニケーションを取れることも魅力の一つです。

(情報コミュニケーション事業本部 セキュアビジネスセンター 
セキュアビジネス推進本部 佐藤 卓司)

本物を手にするための真贋判定サービス ID管理番号を使ったWeb認証サービス

一つひとつの製品にユニークなID番号を付与し、Webで認証することで、真贋判定を可能にするサービスです。スマートフォンやPCから専用のサイトへアクセスし、IDを入力することで、簡単にチェックできます。入力したIDが本物だとしても、複数のコピー品が出回っている場合は「すでに認証されている」ことが表示されます。認証時にアクセスされたIPアドレスから地域情報を取得することで、流通先を特定でき、横流し対策に活用できます。

担当者の声

Webを使用した認証システムの基本を担うサービスです。トッパンが証券製版などで培ってきたマイクロ文字などの特殊印刷技術やホログラムと併用していただくことで、さらにセキュリティレベルが高くなります。

(情報コミュニケーション事業本部 セキュアビジネスセンター 
セキュアビジネス推進本部 和栗 大)

ページトップへ