ICタグ
TOPPAN
HOME サイトマップ
ICタグとは? ソリューションサービス ソリューションのご提案 お取り扱い製品のご紹介 ICタグ実施事例紹介
ICタグとは?


ICタグの分類

その周波数や電源の内蔵/非内蔵により、 活用の方法が異なるICタグ。 使い方に応じて、最適なものを選ぶことができます。

周波数と用途
ICタグは、周波数によって大きく4つ(135KHz未満、13.56MHz、2.45GHz、UHF帯)に分類ができます。リーダ/ライタからの電波出力の強弱やICタグのアンテナの大きさなどにより変わりますが、同一出力では、周波数が大きくなるほど通信距離も長くなります。おおむね13.56MHzで最大70~80cm、2.45GHzで最大数mになり、また周波数帯によって、周囲の電気的ノイズや水分・金属の影響を受けやすくなります。それぞれの周波数帯によって特徴がありますので、目的・用途等により最適な周波数帯のICタグを選ぶ必要があります。

周波数帯 135KHz未満 13.56MHz UHF帯 2.45GHz
通信方式 電磁誘導方式 電波方式
通信距離 短い 比較的短い 比較的長い 長い
指向性 広い やや広い 広い 狭い
水分の影響 受けにくい 受けにくい やや受けやすい 受けやすい

通信距離と周波数帯のイメージ図



電池を内蔵する能動性と、非内蔵の受動型の2タイプ。
ICタグには、電源を内蔵するアクティブタイプと、非内蔵のパッシブタイプがあります。 アクティブタイプは、内蔵電源でアンテナと送受信します。通信距離を伸ばすことができますが、電源を内蔵するため小型化に限界があること、パッシブタイプと比べ価格が高いなどの制約があります。 一方、パッシブタイプは、アンテナからのエネルギーを電源として機能します。小型化・薄型化も容易で低価格という特徴があり、現在主流となっています。
 
様々な形状のICタグ
ICタグはカード型、ラベル型、スティック型など様々な形状に加工することが可能です。
様々な形状のICタグ図


PAGE TOP


RFIDのしくみ
RFIDの機能と特徴
ICタグの特徴
Copyright (C) 2006 TOPPAN. All Rights Reserved.
お問い合わせ FAQ プライバシー・ポリシー リンク集