ICタグ
TOPPAN
HOME サイトマップ
ICタグとは? ソリューションサービス ソリューションのご提案 お取り扱い製品のご紹介 導入事例紹介
導入事例紹介


ソリューション導入事例

大分トリニータ2008シーズンパス

共同開発:株式会社トッパン・エヌエスダブリュ

大分トリニータ(J1)を運営する株式会社大分フットボールクラブ(大分県大分市)様は、昨シーズンに引き続き今シーズンにおいても公式戦ホームゲーム観戦用シーズンパスに当社のICタグをご採用いただきました。

昨シーズンでは、サポーターが入場時にICタグシーズンパスをリーダ/ライタへかざすだけのスムーズな入場を実現することができました。また、入場履歴を把握し、入場者数の管理や不正入場を防止することができました。今シーズンにおいては、ICタグをハガキサイズからカードサイズへ変更し、サポーターの方に持ち運びしやすく、身近に置いてもらえるように配慮しました。

ICタグシーズンパスの運用システムについて
ホームグラウンドの九州石油ドームは多目的スタジアムのため、試合毎にリーダ/ライタの設置・撤去が必要となっていました。本システムでは、PCレスで動作可能なリーダ・ライタを使用することにより電源確保ができれば、どこでも設置できるようになりました。全てのゲートをネットワークでつなぐ必要がなく、迅速に設置・撤去ができるため、作業者の負担が軽減されました。データは、試合前後に管理端末(PC)とリーダ/ライタ間のデータ転送を行い管理します。


大分トリニータ2008シーズンパス使用イメージ


PAGE TOP


ソリューション導入事例
Copyright (C) 2006 TOPPAN. All Rights Reserved.
お問い合わせ FAQ プライバシー・ポリシー リンク集