ICタグ
TOPPAN
HOME サイトマップ
ICタグとは? ソリューションサービス ソリューションのご提案 お取り扱い製品のご紹介 導入事例紹介
導入事例紹介


お客様導入事例

人・車両入退場管理システム

YKK AP株式会社様(東北事業所)では、事業所内に出入りする人・車両の入退場管理にUHF帯ICタグを活用し、入退場手続きの簡略化とセキュリティの強化を図っています。
従業員や来場回数の多い協力会社に、予め登録したUHF帯ICタグを配布し、入退場時にUHF帯ICタグを認識することで、誰がいつ入場し、いつ退場したかをデータベースに記録するとともに、ゲートバーや信号、音声などによる警告で登録者以外の進入を未然に防止するシステムです。

導入の目的
  • ・災害・緊急時に備え、事業所内にいる従業員・協力会社・お客様の人員数を把握する
  • ・従来の目視による判別だけではなく、システム的な入退場チェックによりセキュリティを強化する

システムの特長
  • ・UHF帯ICタグは用途に応じ、2種類の形状を採用
  • ・従業員の車両入退場は、ICタグ(プラスチックモールドタグ)をバックミラーに吊り下げたまま、通過するだけで読み取りが可能
  • ・協力会社、お客様はICタグ(4×6インチラベル)付きの入場許可証をアンテナにかざして読み取り
  • ・信号灯とスピーカーからの音声によりドライバーに認証結果をわかりやすく伝えることが可能
  • ・お客様には入場時に守衛室で記帳とともにゲスト用ICタグを渡し、退場時に回収
  • ・守衛室及び総務にて入退記録の閲覧が可能
  • ・アンチパスバック機能により、更にセキュリティを強化することも可能

システムの特長

運用フロー
【車両】
車両はレーンに設置された赤外線センサー、アンテナ、ゲートバーが下記のようなイメージで連携することで入退場を認識することができる。車内に設置しているICタグをアンテナが読み取ることでスピーカーや信号灯で利用者へ結果を知らせます。認証が許可された場合には、ゲートバーが開閉し、車両の通過が可能となります。

運用フロー【車両】

【歩行者・自転車】
歩行者は受付に設置されているICタグ認識用のアンテナに、所持しているICタグをかざすことで入退場を認識できます。入場・退場それぞれに専用のアンテナがあり、アンテナにICタグをかざすとパトライトが点灯し、利用者へ認証結果を知らせます。

運用フロー【歩行者・自転車】

【ICタグ取付け状況】

運用フロー【ICタグ取付け状況】


PAGE TOP




ソリューション導入事例
Copyright (C) 2006 TOPPAN. All Rights Reserved.
お問い合わせ FAQ プライバシー・ポリシー リンク集