MEMBER

生活者視点を武器にクリエイティブを生む制作ディレクター

2015年入社

情報コミュニケーション事業本部 トッパンアイデアセンター クリエイティブ本部 / 企画

刈川 直紀

生活者視点を武器にクリエイティブを生む制作ディレクター

企業の課題解決のための制作物全般を企画するクリエイティブ本部に所属し、カタログやDMなどの紙媒体を中心に、交通広告やWEBサイトなど幅広い制作物のディレクションを担当する刈川。クリエイティブに携わる業種が多くあるなかで、印刷会社のクリエイティブ部門が発揮できる強みとは?

2015年入社

情報コミュニケーション事業本部 トッパンアイデアセンター クリエイティブ本部 / 企画

刈川 直紀

企業の課題解決のための制作物全般を企画するクリエイティブ本部に所属し、カタログやDMなどの紙媒体を中心に、交通広告やWEBサイトなど幅広い制作物のディレクションを担当する刈川。クリエイティブに携わる業種が多くあるなかで、印刷会社のクリエイティブ部門が発揮できる強みとは?

aaaaaa

きっかけは「こんなこともやってるんだ」という驚き

学生時代にフリーペーパー制作やイベント運営をしていたこともあって、就職するなら企画職がいいなと漠然と思っていました。もともとすぐ色々なことに興味を持ってしまう性格なので、事業会社の中で特定業界・特定ジャンルの仕事をするよりは、広告のような受託型ビジネスで様々な仕事に携わるほうが自分に向いているのではと考えていたときに、トッパンに出会いました。

正直、就活を始めるまでは印刷業界が何をやっているかはほとんど知らなくて、輪転機を回している印象しかなかったのですが、合同説明会でたまたま話を聞いたら、事業の幅に驚いて。コンビニで売られているお菓子のパッケージのような身近なものから、VRのような最新技術まで、「こんなこともやってるんだ」と興味を持ちました。

実際、入社後に自分が関わったものだけを考えても、本当に多種多様です。クリエイティブ本部は、クライアントの業種もバラバラなら、つくるものもバラバラ。カタログやDMのような印刷会社らしいものもあれば、WEBサイトやコンテンツマーケティングの企画も行います。ツールそのものをつくるだけではなく、それらをどう組み合わせ、見た人・触れた人にどんなことを感じてもらうか、他部署と連携して話題性のあるテクノロジーを企画に組み込むということも可能です。

私の部署は毎回新しいアイデアを盛り込む必要があるので、大変ながらもトッパンの可能性の広さをいつも実感しています。そんな環境の中での一番のやりがいは、1つ1つこだわった制作物を世の中に送り出せることだと思います。

aaaaaa

クリエイティブの源泉は、生活者としての本音

先日、担当したオフィス家具のカタログが、第58回全国カタログ展で銀賞を受賞しました。入賞できた理由は、製品の特長であるデザインを訴求するために、「ノンバーバル(=非言語)」をコンセプトに、テキストを可能な限りそぎ落とし、ビジュアルでの表現を追求したことにあったと考えています。表紙も、真っ白な紙に、透明のニスを塗った凹凸と質感だけでプロダクトの幾何学的なデザインを伝えるという、寡黙な表現を選択しました。「ノンバーバル」というコンセプトはクライアント側の窓口である販促企画担当者様には終始一貫評価いただいていましたが、いざ制作が進むと、最低限のコピーで製品の特徴を訴求できているかなどの懸念点をご指摘いただくこともありました。しかし、コピー案をレイアウトにはめ込んだデザインをいくつもお見せし、バランスを比較いただくなど、こちらがベストだと考える案を選んでいただくための工夫などもしました。

甲斐あって、できあがったカタログは好評で、別のカタログの受注へとつながり、結果的に賞を受賞するにもいたったのですが、一連のなかで私個人が一番うれしかったのは、自分自身が納得できるものを世に出せたという点でした。

納得できるものを生み出すため意識しているのは、本音で話すこと。クライアントにしても、社内外のプロジェクトメンバーにしても、目上の人がほとんどな中で、経験では劣っています。ただ、業界の常識に染まっていない分、イチ生活者としてのフラットな感覚はあるはずですし、その感覚こそがクリエイティブにとって重要だとも思っています。だから、生活者視点での気付きは、正直に伝えるよう心掛けています。

aaaaaa

手広いけれど、地に足着いている

制作ディレクションの業務では、外部パートナーのデザイナーやコピーライターと仕事をする機会も多くあります。会社ごとに、違った知見や視点を持っていて、吸収できることは会社の数だけあると思っています。

社内を見渡してみると、印刷物に加えて、WEBやVR、空間演出、新テクノロジーなど、自分の業務に近い領域だけでも多岐にわたるソリューションがあります。もっと広げてみれば、パッケージだったり半導体だったり、リサーチ・分析のような形のないサービスまで、いろんなものをつくっています。同期と話すだけでも、新しい発見だらけで驚きますね。外向きにも、内向きにも視野が広がりやすい今の職場は、いろいろやりたいという自分の希望からすると、ピッタリだなと改めて思っています。あとはみんな、節操なく何でもやるように見えて、意外に地に足着いているとも思います。何でもできるからと風呂敷を広げるのではなく、実際につくることをベースに考えられるのは、最終的な製造まで行っているこの会社ならではの特徴かもしれません。

就職活動は自分を見つめ直すいい機会です。就職人気ランキングやクチコミといった他人の目を通した情報や、面接テクニック本に書かれた他人の言葉が入ってきてしまうかもしれませんが、それに踊らされず、自分の本心を大切にして行動・発言することが、自分に合う就職先に出会うコツだと思います。

PRIVATE PHOTO

aaa

学生の頃から音楽が好きで、友人たちと音楽フェスによく行きます。普段とは違う空気の中、好きなアーティストの演奏を観るのはとてもリフレッシュできる休日の過ごし方です。料理やお酒も、音楽と自然に囲まれれば格別においしく感じます。

aaa

猫を飼っており、日常生活での最大の癒しです。運動神経がとてつもなく悪く、30cm程の高さでも決死の覚悟のようにおしりをプリプリさせながら降りる姿は毎回バカらしくて気が楽になります。写真はスコティッシュ特有の座り方で、見てるこっちも脱力してしまいます。