TOPPAN
凸版印刷株式会社

お問い合わせ

文字の大きさ

  • 大
  • 中
  • 小
  • 製品・サービス
  • IR情報
  • CSR活動
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 研究開発
  • 採用情報
ホーム > 研究開発 > 研究紹介 > 燃料電池用部材

研究開発 RESEARCH AND DEVELOPMENT

研究紹介

燃料電池用部材 - 膜電極接合体(MEA)

燃料電池は、水素と酸素を反応させて電気を発生させる発電装置です。従来の発電方式より高い発電効率を有し、水しか排出しない次世代のエネルギー源として期待されています。触媒層と電解質膜を重ねた「膜電極接合体(MEA)」は燃料電池の心臓部です。発電性能向上のため、水素ガス、酸素ガス、プロトン、電子、水が触媒層中をスムーズに移動することが求められます。トッパンは、独自のインク化技術、塗工技術、ラミネート技術を駆使して、理想的なMEAの開発に取り組んでいます。

固体高分子形燃料電池用部材開発

同系研究テーマ紹介

燃料電池用部材-膜電極接合体(MEA)

ページの先頭へ戻る