TOPPAN
凸版印刷株式会社

お問い合わせ

文字の大きさ

  • 大
  • 中
  • 小
  • 製品・サービス
  • IR情報
  • CSR活動
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 研究開発
  • 採用情報

製品・サービス PRODUCTS & SERVICES

印刷テクノロジー

製品・サービス検索結果

やるKeyの検索結果39

  • thumbnail.gif
    サイトマップ ホーム > ニュースリリース ニュースリリース検索 PDFファイルのみ対象とする 2017年 2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 2015年 2014年 2013年 2012年 2016年07月27日 凸版印刷、静岡県浜松市、慶應義塾大学と共同で 小学校向け学習応援システム「やるKey」の実証研究を開始 ~ICTを活用し、児童の学力向上に関する効果的な学習手法を検証~ 凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)は、静岡県浜松市、慶應義塾大学総合政策学部の中室牧子准教授と、「学習応援システム実証研究にかかる協定」を2016年7月28日に締結するはこびです。凸版印刷の小学校向け学習応援システム「やるKey」を活用した学力向上の実証研究を2016年9月より開始します。 本実証研究で...
    更新日:2016/07/27
  • thumbnail.gif
    ※ 「やるKey」へのお問い合わせは、下記をご参照ください。 お問い合わせ先 凸版印刷株式会社 教育事業推進本部 TEL 03-3835-6760 yarukey-service@toppan.co.jp 「やるKey」への ※お問い合わせフォームが立ち上がります。 お申し込みをご希望の方は、無料体験お申し込みフォームから必要事項をご記入の上、 お申し込みください。 ▲ ページトップへ サイトマップ お問合わせ サイトポリシー 個人情報保護方針 Copyright (c) 2017 TOPPAN PRINTING CO., LTD.
    更新日:2017/11/18
  • thumbnail.gif
    前原小学校では、2016年9月から、3年生(2クラス)で「やるKey」を使って算数の授業を行っています。私が取り組んできたプログラミングの授業と「やるKey」を比較して、ICTを今後どうように学びに生かしていくべきなのかを考えてみました。 プログラミングで情報端末を活用すれば、それは一人ひとりの子どもにとってAdaptiveな学習環境となります。また、端末はたくさんの視覚情報を提供することで子どもの理解を支援することができます。さらに情報端末にはキーボード、音声入力など、さまざまなアクセシビリティが用意されています(Assistive)。アクティブ・ラーニングを実現するには、まずこのAdaptiveな学びが保障されなければなりません。 「やるKey」を使った授業では子どもたちは集中して取り組んではいたのですが、プログラミングのように互いに学び合うアクティブさは見られませんでした。これが現...
    更新日:2017/11/18
  • thumbnail.gif
    WEBマガジン 展示会 セミナー 情報誌 ideanote HOME > ソリューション&サービス > 「努力する力」を育てるデジタル教材「やるKey」 「努力する力」を育てる デジタル教材 「やるKey」 ここがポイント! その子に合った「苦手克服問題」を自動配信 児童が問題を解くと自動採点され、誤答を分析し、苦手問題がどこなのかを解析。その克服問題が自動配信されその子に合った問題で苦手克服へと導きます。 「学習状況」が見える 児童の進行状況や、どこが得意でどこが間違えやすいのかを閲覧することができます。 児童の「解きたい!」が続く豊富な「ごほうびアクション」 問題を解くと「がんばりコイン」が獲得できたり、全問正解すると「トロフィー」が表示されるなど目に見えて「褒められた!」を感じられる、楽しく努力し続ける工夫がたくさんあります。 の特長 ● 教科書に準じたデジタル...
    更新日:2017/11/18
  • thumbnail.gif
    やるKey」は、これからを生き抜くための基礎となる「努力する力」を磨くデジタル教材です。児童がタブレットに自分で立てた目標を入力しドリルを解くとシステム上で自動採点され、その解答をきめ細かく分析。一人ひとりの誤答に応じた異なる問題が配信され、苦手克服へと導きます。ドリルを解き進めると「がんばりコイン」が増えたり、「トロフィー」が表示されるなど、児童のやる気が続く楽しい工夫も豊富です。先生は、児童一人ひとりの理解度や学習時間を閲覧することができ、授業中の声掛けの材料として役立てていただけます。児童は目標達成と苦手克服を繰り返すことで努力する価値を醸成します。 「やるKey」の特徴は、独自のアルゴリズムと教材によって、児童それぞれに違ったつまずきを解消していくことです。例えば、わり算の問題だけでも「七の段の九九がわからない」など、30余りのつまずきポイントが設定されています。その問題に取り...
    更新日:2017/11/18
  • thumbnail.gif
    C: 個人に合わせて出題レベルを調整/先輩のモデルを示す 「やるKey」は、習熟度に合わせて適切なレベルの問題を出してくれるため、自信がつきます。また、前年度の児童の達成具合を示すことで「自分にもできそう」「先輩を超えたい」といった気持ちを引き出すことができます。 S: 成果の公表とフィードバック 学びの成果を、WebやSNSで発信し、共有化することで満足感を得られます。 「S」について印象的だったのは、福島県の新地小学校で行った、震災の記憶を動画で残すプロジェクトです。「悲しかった気持ちを残したい」と真剣に話し合っていた子どもたちの姿は忘れられません。「満足」という言葉は当てはまらないかもしれませんが、非常に深い学びになったと感じました。 ②「メタ認知」--ICTによるモニタリング 自分の学びを客観的に見つめ、できていることとできていないことを把握する(=モニタリング)ために、ICTは...
    更新日:2017/11/18
  • thumbnail.gif
    サイトマップ ホーム > ニュースリリース ニュースリリース検索 PDFファイルのみ対象とする 2017年 2016年 2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 2014年 2013年 2012年 2015年05月18日 凸版印刷、小学校向けの新しい学習支援システムの実証研究を開始 ~努力する力を育み、「人財」育成を支援する学習支援サービス「やるKey」の開発を推進~ 凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)は、児童が学習を通じて「努力する力」を高めることができる、小学校向けの新しい学習支援サービスの実証研究を慶應義塾大学総合政策学部の中室牧子准教授、茨城県古河市および東京都福生市のそれぞれと、2015年5月より開始します。 さらに、これら実証研究の結果を踏まえ、学習支援サービス「やるKey」...
    更新日:2015/05/18
  • thumbnail.gif
    サービス概要 子どもたちの「努力する力」を育てるデジタル教材「やるKey」をベースに、金融機関向けに開発した完全習得型デジタル教材「Core Learn」(コア・ラーン)。金融ビジネスの最前線で必要とされる知識を効率的に身につけていくことができます。 ご採用頂いた大分銀行様の声をご紹介させて頂きます。 このコンテンツを見るためにはJavaScriptを有効にしてください。Please enable JavaScript to watch this content. Core Learnとは? 「受講者全員」「知識の完全習得」が可能となる訳 受講者一人ひとり、得手不得手は異なります。 「Aは理解できているが、Bは理解できていない」「Bは理解できているが、Aは理解できていない」など。また、一度習得しても忘れてしまうこともあるのが人です。そうした点を補って、受講者全員を知識の完全習得に導くのが...
    更新日:2017/11/18
  • thumbnail.gif
    算数からスタートした「やるKey」は、児童一人ひとりの解答を分析し「なぜ問題が解けなかったのか」具体的に「つまずきポイント」を特定し、それを復習できる問題が自動出題されるので、「わからない」を丁寧に解消していきます。「わからない」を残さないことにこだわったデジタル教材です。 「わからない」が「わかるようになる」ことはもちろん、「自分で決めた目標の達成を日々の習慣にする」「周囲の大人が学習状況を理解して見守る」この3つを大切にし、努力する力を育みます。現在、追加教科として〈小学校英語〉〈漢字〉の2教科を開発中です。 これから小学校でも英語教育が本格化しようとしている中、まずは「英語って楽しい!」「英語で話してみたい!」 「英語ってかっこいい!」など、英語をポジティブに捉え、楽しく触れられるコンテンツにするべく、構文や英単語を単純に暗記させるのではなくまずは「英語を声に出すこと」 「ネイティ...
    更新日:2017/11/18
  • thumbnail.gif
    [やる気の扉を開ける学習応援システム やるKey] タブレットを家に持ち帰り、ドリルを解くと、習熟度別の教材が配信される。児童の頑張りを先生が把握し、個別の励ましに活かしていく。こうした学習指導の研究を今春、茨城県古河市、東京都福生市で開始します。大切なのは、勉強に苦手意識を持つ前にわかる喜びを体験し、人生を生き抜くための努力する力を養うこと。「全ての子どもに、勉強を好きになる権利があるのです。」担当者は語りました。 [関連リンク] ▼ 第6回 教育ITソリューションEXPO 出展のご案内 ▼ ニュースリリース(2015年5月18日) ▼ ニュースリリース(2015年5月15日) 努力する力を育み、日本を支える人財の育成を支援する。印刷テクノロジーのかたちです。 これからの社会を生きていく子ども達に「未来を創る力」を身に付けてもらいたい。トッパンはこれまでに、いつでもどこでも勉強ができ、...
    更新日:2017/11/18

フリーワードから検索

ページの先頭へ戻る