TOPPAN
凸版印刷株式会社

お問い合わせ

文字の大きさ

  • 大
  • 中
  • 小
  • 製品・サービス
  • IR情報
  • CSR活動
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 研究開発
  • 採用情報

ニュースリリース検索

2017年10月26日

凸版印刷、打刻印字できる即時発行機
~デビットカードなどの発行に必要なセキュリティコードの打刻に
対応した業界最小クラスの即時発行機を販売開始~

 凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)はこのたび、国際ブランドデビットカードなどの発行に必要なセキュリティコードの打刻に対応した業界最小クラスの即時発行機「CP600MH-SⅢ」を開発しました。金融機関の店頭でICキャッシュカードを発行し、顧客にその場で渡すことができるICキャッシュカード店頭即時発行サービス「TOPPAN ACIS-BS」 とあわせて2017年11月から販売を開始します。
 なお、本製品は2017年10月26日(木)から10月27日(金)に開催される「FIT2017(金融国際情報技術展)」(会場:東京国際フォーラム)トッパンブースに展示します。
 
 

  CP600MH-SⅢ 外観
© Toppan Printing Co., Ltd.
■開発の背景
 昨今、金融機関では顧客の利便性向上や事務負荷削減のため、ICキャッシュカードの店頭即時発行サービスの導入が進んでいます。また、キャッシュレス決済件数の増加により、ICキャッシュカードに加えて国際ブランドデビットカードの発行が拡大しています。 
 凸版印刷では2011年に店頭即時発行サービス「TOPPAN ACIS-BS」を発売して以来、2015年には日本初のVISAデビットカードの即時発行に対応するなど機能拡張を続けてきました。従来、国際ブランドデビットカードに対応する打刻インデント搭載の即時発行機は、大型であったことから設置スペースの確保が困難で、さらにインターネットバンキングカードに必要とされる隠ぺいシール貼り機能を有していない課題も抱えていました。このたび開発したCP600MH-SⅢは設置課題をクリアするとともに、1台であらゆる券種を店頭にて即時発行することを可能にします。

 
■店頭即時カード発行機 「CP600MH-SⅢ」 の特長
・裏面打刻インデントに対応
セキュリティコードの打刻インデント方式に対応。郵送発行と同じ券面が店頭で発行できます。
・オプションユニットによりあらゆるカードの発行に対応
打刻インデントの他、磁気ダブルストライプ、隠ぺいシール貼りなど各種オプションの選択搭載が可能です。
・業界最小クラスの設置面積
機能向上しながらも、CP600MHシリーズと同等の業界最小クラスの設置面積を踏襲しています。
・金属製筐体の採用
CP600MHシリーズの特徴である金属製の筐体を踏襲。国際ブランドのカードも安全に格納します。
・カード自動計数機能の標準装備
発行機内のカード残数を自動計数する機能を標準装備し、事務負荷の削減を図ります。

  ■「CP600MH-SⅢ」の主な仕様
寸法 幅210×高749×奥行597(mm)
重量 約55kg
装填券種・枚数 最大6券種・各60枚(全360枚)
発行可能なカード
ICキャッシュカード、インターネットバンキングカード、デビットカード、クレジットカード
設置形態 床置

            
■ 価格
CP600MH-SⅢ: 1台110万円~(100台ロット時、オプション別)

 
■今後の展開
 凸版印刷は、ICキャッシュカード店頭即時発行サービス「TOPPAN ACIS-BS」の導入サポート、発行・ASPサービス、保守サービスなどの機能を拡充し、銀行やクレジットカード会社など全国の金融機関に向けて「CP600MH-SⅢ」を販売。2020年度に関連受注を合わせ約60億円の売上を目指します。
また、同様の機能を搭載した無人対応できるセルフオペレーション型即時発行サービス「TOPPAN ACIS-BS-SOC」の技術開発も推進します。

 
■店頭即時カード発行システム 「TOPPAN ACIS-BS」 について
 金融機関のホストから送られるキャッシュカードの発行情報を元に、トッパングループ・データセンター(※)でカード発行情報を生成し、ASPサービスとして提供します。店舗担当者が発行指示後、店頭で即時にカードを発行できます。金融機関が自社でシステムを構築するより、安価な初期投資と短い開発期間でサービスを開始ができるとともに安全性にもすぐれています。

※ トッパングループ・データセンター  
都市型データセンターとして堅牢な建屋と設備を有する最新鋭のデータセンターです。各工場と高速ネットワーク接続を行い、データ処理をはじめBPOサービスまでをサポートしています。 


 
* 本ニュースリリースに記載された会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
* 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。
以  上