TOPPAN
凸版印刷株式会社

お問い合わせ

文字の大きさ

  • 大
  • 中
  • 小
  • 製品・サービス
  • IR情報
  • CSR活動
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 研究開発
  • 採用情報

ニュースリリース検索

2017年07月20日

凸版印刷、専門チームでデジタルマーケティングを一括支援
エキスパートチームによるデジタルマーケティング運用の一括支援と、
集中管理のための「MAコマンドセンター」開設により、運用の効率化を実現

凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)は、これまでデジタルマーケティングの事業化を進めてきました。このたび凸版印刷は、デジタルマーケティングの実施に必要な全ての機能を一括で提供する「デジタルマーケティング一括運用サービス」を20177月末より本格展開します。

本サービスは、データ解析からシナリオ開発、配信管理までをシームレスに実行できるエキスパートチームを組織化することにより、複雑で高度なデジタルマーケティングの運用を一括で支援します。具体的には、デジタルマーケティング運用に必要な運用ディレクター、クリエイター、エンジニア、アナリスト、シナリオプランナーがチームとなり、クライアント内外に点在するデータの統合・管理・分析から、MA(1)によるコミュニケーション配信管理までをワンストップで運用します。また、AIを活用したターゲティングおよび配信業務の自動化も図り、運用効率を高めます。本サービスにより、デジタルマーケティングの運用にかかる負荷や時間を圧縮し、PDCAを高速化することにより、マーケティングの費用対効果を高めます。

また、デジタルマーケティングの運用には、個人情報などの管理が不可欠となるため、凸版印刷は高いセキュリティを備えて顧客データを集中管理する「MAコマンドセンター」を開設。個人情報を含むマーケティングデータをセキュアに管理し、安心・安全な運用環境を提供します。

デジタルマーケティングを集中管理する「MAコマンドセンター」内部
凸版印刷で整備済みのデジタルマーケティング一括運用に必要な機能

■ 背景
 近年、企業と顧客のコミュニケーションにおいて、デジタルコミュニケーションが急速に進んでいる中で、デジタルマーケティングを自動で実行するMAツールを導入する企業が増加し、その運用効率も厳しく問われるようになっています。
 一方で、MA運用ができる社内人材が不足しているという声が多く、シナリオの立案、コンテンツ制作、PDCAの実施、安全に運用可能な人・場所など、全てを提供できるパートナー企業が必要とされています。

 また、これらのパートナー企業には、安全・確実なMA運用力はもちろん、ターゲット選定、効果測定設計、マーケティングの知見をふまえた運用、顧客戦略策定のためのデータ分析など、様々なナレッジが求められています。
この課題を受け、凸版印刷は、すでに実績のあるMAの運用ノウハウを活かし、BPOナレッジや各業界に精通したマーケター、アナリスト、クリエイターを含む運用体制を一括で提供する「デジタルマーケティング一括運用ソリューション」を本格稼働しました。また、その稼動に向け、高セキュリティ環境下でのMA運用を想定した「MAコマンドセンター」を開設しました。

 

■ 本サービスの特長

  個人情報も含めた様々なデータを安全・確実に集中管理運用する「MAコマンドセンター」

指紋認証、入退場管理、監視カメラ、ネットワーク管理といった物理的セキュリティと、運用ルール、セキュリティ教育といった人的セキュリティも含め、安心・安全な運用環境を提供します。また、高度なデータ処理や複雑な設定が必要なデジタルマーケティング運用に特化した業務プロセス管理ツールや運用マニュアルも整備。安全・確実な運用でトラブルを未然に防ぎます。

  様々なタッチポイントに対応した配信サポート

デジタルマーケティングの中核となる、メール配信はもちろん、LINESMSといった幅広いタッチポイントも含めて一括で配信対応いたします。今後はDMなどのリアルメディアとの連携も含めて、あらゆるメディアに対応した最適なコミュニケーションを一括支援します。

  デジタルマーケティングに必要な様々な機能が融合した「エキスパートチーム」提供と
AI技術」の融合による効率的・効果的な運用

デジタルマーケティング運用に必要な「運用ディレクター」「クリエイター」「エンジニア」「アナリスト」「シナリオプランナー」を組み合わせたエキスパートチームで運用します。また、最新のAI技術も用いたターゲティング・配信業務の自動化を図り、運用業務を効率化しながら、成果をさらに高めます。

デジタルマーケティングのエキスパートチーム
 ■ 今後の目標
 凸版印刷は、MA導入が進む金融・自動車・化粧品・出版業界をはじめ、流通業界や消費財メーカーなどを対象に2022年度で関連受注含め約200億円の売上を目指します。今後も、デジタルマーケティング推進を支援するサービスを展開していきます。

※1 MA
マーケティングオートメーションの略で、顧客とのコミュニケーションや顧客と営業の連携など、マーケティング活動の一部を自動化することです。

 

* 本ニュースリリースに記載された会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
* 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

以上