TOPPAN
凸版印刷株式会社

お問い合わせ

文字の大きさ

  • 大
  • 中
  • 小
  • 製品・サービス
  • IR情報
  • CSR活動
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 研究開発
  • 採用情報

ニュースリリース検索

2017年03月21日

銀行業界初 「マイナンバーカード」を利用した住宅ローン契約電子化システムの運用開始
~銀行と不動産会社が協働し、お客さまの手続負担を軽減~

株式会社三菱東京UFJ銀行
三菱地所レジデンス株式会社
東急リバブル株式会社
凸版印刷株式会社
   株式会社三菱東京UFJ銀行(頭取 小山田 隆おやまだ たかし)、三菱地所レジデンス株式会社(代表取締役社長 小野 真路おの まさみち)、東急リバブル株式会社(代表取締役社長 榊 真二さかき しんじ)、凸版印刷株式会社(代表取締役社長 金子 眞吾かねこ しんご)は、マイナンバーカード*1を利用した住宅ローン契約電子化システム(以下、本システム)の運用を平成29年4月下旬より開始いたします。本システムの運用には総務大臣認定の取得が必要となり、現在申請中です。
三菱東京UFJ銀行は、不動産購入に際し、住宅ローンを利用されるお客さまの利便性向上と手続負担軽減のため、平成25年から平成27年にかけて三菱地所レジデンス、東急リバブルと協働し、凸版印刷が開発したシステムを利用し、当時では初めて不動産デベロッパー・売買仲介業界で住宅ローンの事前審査をタブレット端末により受付を行うなど、積極的なICT活用を進めてまいりました。
   このたび、三菱東京UFJ銀行は、住宅ローンの事前審査後の手続も電子化すべく、公的書類として全国的に普及が進むマイナンバーカードと、凸版印刷が新たに開発したサービス「Speed Entry Trust*2」を用い、お客さまのご自宅で、住宅ローンの全ての手続が完結する本システムの運用を開始いたします。
  平成29年4月下旬より、三菱地所レジデンスの首都圏新規分譲物件及び、東急リバブル不動産売買仲介店舗の首都圏受付分を対象に開始し、順次拡大していく予定です。本システムを利用することで、紙面での手続に比べ、来店・書類記入・押印・印紙貼付*3にかかるお客さまの負担が軽減されます。
【住宅ローン契約電子化システムのイメージ図】
住宅ローン契約電子化システムのイメージ
【住宅ローン契約電子化システムによる変更点】
手続内容
現状
本件後
本申込 申込書 紙面記入・押印 ペーパーレス
審査書類ご提出 コピー(紙面) 電子ファイルアップロード
手続場所 銀行店舗 ご自宅(ご来店不要)
契約 契約書 紙面記入・押印 ペーパーレス
印紙貼付 不要
手続場所 銀行店舗 ご自宅(ご来店不要)
*1 マイナンバーカードは、マイナンバー(個人番号)が記載された顔写真付の公的証明書です。
*2  Speed Entry Trust(スピードエントリー・トラスト)は、凸版印刷と株式会社システムコンサルタント(代表取締役社長 木下 仁きのした ひとしが開発したシステムで、マイナンバーカードの機能を利用し、本人認証や電子署名機能を提供するサービスの総称です。
*3  紙面の金銭消費貸借契約書は、借入金額に応じて所定の印紙貼付が必要となります。本システムをご利用の場合、印紙貼付は不要です。
以上