TOPPAN
凸版印刷株式会社

お問い合わせ

文字の大きさ

  • 大
  • 中
  • 小
  • 製品・サービス
  • IR情報
  • CSR活動
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 研究開発
  • 採用情報

ニュースリリース検索

2017年02月09日

凸版印刷、紙幣向けの真贋判定インキ
~オフセット印刷の工程で紙幣に真贋判定可能な機能を付与する高セキュリティインキ、
メキシコ立憲100周年記念紙幣を皮切りに、メキシコ銀行が発行する新紙幣で採用~

 凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)は、オフセット印刷の工程で紙幣に真贋判定可能な機能を付与する高セキュリティインキを開発しました。2017年2月中旬から本格的な販売を開始します。

 なお本製品は本格販売に先立ち、メキシコ銀行が2017年2月5日(日)に発行した、メキシコ立憲100周年記念紙幣のセキュリティ技術として採用されました。また、メキシコ銀行は、十分な検証や加工試験行った上で、本製品を、来年以降に順次発行する新シリーズのメキシコペソ紙幣におけるセキュリティ技術として採用することも決定しました。

 本製品は、紙幣印刷用のインキに少量加えるだけで、その色や印刷適性に影響を与えることなく、近赤外線光源を用いた真贋判定効果を実現する高セキュリティインキです。近赤外線は、可視光線に近い特性を持つ電磁波で「見えない光」として、赤外線カメラや赤外線通信、家電用のリモコンなどに使われています。
 通常のインキで印刷された絵柄は、近赤外線光源下では視認できないのに対し、本製品を混合したインキで印刷された絵柄は近赤外光源下で視認可能なため、紙幣処理機やATM、紙幣検知器に搭載された赤外線センサーで読み取ることで、簡単に真贋判定が可能です。また本製品は、高いセキュリティ性に加え、紙幣流通に求められる高い耐久性を備えています。

 従来、このような紙幣用の機械読み取り真贋判定技術を導入するためには凹版印刷を利用するのが一般的でしたが、今回、従来培ってきたセキュリティ技術や加工ノウハウを用いることにより、日本企業として初めて、オフセット印刷向けインキの製品化に成功。オフセット印刷は凹版印刷に比べ、印刷時のインキ使用量が少なく、従来の類似セキュリティインキと比較して5分の1以下の使用量で効果が発揮できるため、大幅な運用コスト削減が可能となります。


image1iv.jpg image2iv.jpg
 本製品が採用された、メキシコ立憲100周年記念紙幣(左:表面、右:裏面)

■ 開発の背景
 世界各国で発行される紙幣には、その偽造を防ぐため、数々のセキュリティ技術が用いられているものの、カラーコピーなどの簡易な偽造にとどまらず、精巧な偽造紙幣も少なからず発見されているのが実情です。これらの偽造紙幣を検知し、被害を抑制する必要性が高まっていることから、容易かつ精確に真贋を判定できるセキュリティ技術が重要視されています。
 凸版印刷は従来、有価証券やパスポートなど高いセキュリティ性が求められる製品に向けた偽造防止技術や認証技術を開発し提供。国内外に多数の採用実績があります。
 今回、オフセット印刷の工程で紙幣に真贋判定可能な機能を付与するセキュリティインキを開発したことにより、高いセキュリティ性を保ちながら製造コストを大幅に削減。導入負荷を軽減しました。


■ 本製品の特長
・従来と比較してインキ使用量を5分の1以下に削減
オフセット印刷に対応しているため、凹版印刷向けの類似セキュリティインキと比較してインキ使用量を5分の1以下に削減。運用コストを大幅に削減できます。
・機械読み取りでの真贋判定が可能
紙幣処理機やATM、紙幣検知器などの赤外線センサーを用いて真贋判定が可能です。
・偽造が極めて困難
本製品の製造には特殊な設備と材料が必要なため、偽造が極めて困難です。
・優れた耐久性
高いセキュリティ性がありながら、紙幣流通に求められる高い物理耐性・化学耐性を実現しました。


■ 今後の目標
 凸版印刷は本製品を、国内外の中央銀行や紙幣印刷会社へと拡販。2020年までに約5か国での採用を目指します。



* 本ニュースリリースに記載された会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
* 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

以上

ページの先頭へ戻る