TOPPAN
凸版印刷株式会社

お問い合わせ

文字の大きさ

  • 大
  • 中
  • 小
  • 製品・サービス
  • IR情報
  • CSR活動
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 研究開発
  • 採用情報

ニュースリリース検索

2016年12月22日

凸版印刷、自治体向けにMICE一括支援
~戦略策定、DMO形成、PR・プロモーション実施、効果検証まで
トータルでMICEを支援する自治体向けソリューションを提供、茨城県桜川市で推進開始~
  凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)は、地方創生分野におけるMICE(※1)をトータルで推進する「自治体向けMICE支援ソリューション」をトッパングループの旅行代理店である株式会社トッパントラベルサービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:河村憲治、以下 トッパントラベルサービス)との連携のもと、2017年1月より本格的に提供を開始します。
  凸版印刷は、インバウンドやMICE振興のための戦略策定や、戦略推進のための組織体であるDMO(※2)を形成し、自治体の各種施策を全面的にサポートします。具体的には、住民を含むステークホルダーとの合意形成を図るための検討会やワークショップの企画・運営、自治体における内部勉強会や講演会実施、地域の人材育成、関連商品開発など、自治体のインバウンドやMICE振興をトータルで支援します。

  本ソリューションの一部を活用していく事例として、凸版印刷は茨城県桜川市の「桜川市地域DMO形成準備業務」を2016年12月に受託しました。桜川市固有の地域資源である「ヤマザクラ」の価値確立や周知のための調査、農業や石材業などの地域産業と恵まれた自然環境を連携させた桜川市ならではの「まちしごと」づくり、さらにそれらを推進させるDMO形成などを支援していきます。次年度以降は、VRや高品質4K映像を活用した「ヤマザクラ」の魅力を伝えるサービス開発などを検討していきます。今後も凸版印刷は、各地域の自治体独自のMICE振興を支援し、地方創生に貢献していきます。
■背景
  地方創生においてインバウンドやMICEの振興は、経済的な効果をあげるだけでなく、地域のグローバル化やビジネスイノベーションにつながります。その効果を最大化するためには、戦略的仕掛けづくりと組織化による各地域の持続的な取り組みが必要となります。
  凸版印刷は2014年4月より、「何度も旅したくなる日本」の実現をコンセプトに、さまざまな企業と連携したインバウンド振興を目的とした取り組みとして「旅道(たびどう)プロジェクト(※3)」を推進。多媒体へ展開可能な観光コンテンツ配信基盤「旅道プラットフォーム」を中核として、文化遺産を擬似的に体感できるVRコンテンツや多言語翻訳システム、そしてセキュリティ性の高い決済ソリューションなど多彩な機能を用いて、コンテンツとICTによるインバウンド振興に取り組んでいます。
  凸版印刷は、これらインバウンド振興で蓄積したノウハウをBtoB領域に活用し、香川県高松市の「高松市MICE振興戦略策定支援業務」を2016年6月に受託しました。以降、トッパントラベルサービスとの本格的な連携、最新のデスティネーション・マーケティング手法の研究、全国各地の営業拠点が保有する事例やノウハウの集約を進め、地域の独自性を踏まえたトータルな「自治体向けMICE支援ソリューション」を開発しました。

■特長
  凸版印刷はMICEの全体戦略策定や組織づくり、企画、プロモーション、運営・実施や効果測定、新規事業提案、商品開発などを、「自治体向けMICE支援ソリューション」によりトータルで提供。自治体のMICE振興をあらゆる場面で効率的に支援します。
①MICE戦略策定ソリューション
  地域ごとの資源や産業を踏まえたフレームワークによるMICE戦略立案および調査・分析サポート(戦略策定・DMOなどの組織づくり、市場動向・ニーズ調査分析など)を行います。

②MICE企画・運営ソリューション
  空間・イベントプロデュースの専門部門による企業研修、報酬旅行、国際会議、国際展示会・イベントの企画・運営の代行を行います。

③MICE誘致ソリューション
  「旅道プラットフォーム」も用いたインバウンド振興のノウハウを元に、地域ブランディング、観光コンテンツ開発、メディアプランニング、プロモーション施策などを企画・実施、MICE誘致をサポートします。

④MICE受入環境整備ソリューション
  情報通信研究機構(NICT)と開発した翻訳支援システム「SupporTra(サポートラ)」、観光ガイドアプリ「旅道-TABIDO-」、遠隔多言語接客システムなどを用いて、MICE参加者の受け入れ環境を整備します。

⑤MICE効果最大化ソリューション
  観光庁から受託した事業で蓄積したユニークベニュー調査・開発のノウハウや、レセプション・ギフトプレミアムの企画・開発により、MICE開催効果を最大化するサービスの開発および支援を行います。

■今後の目標
  凸版印刷は、「自治体向けMICE支援ソリューション」の提供により、2018年度に約50億円の売上を目指します。今後も、各地域におけるインバウンドやMICE振興を支援し、地方創生に貢献していきます。

※1 MICEとは、企業の戦略会議(Meeting)、報奨旅行(インセンティブ旅行)(Incentive Travel)、国際機関・団体、学会、政府、企業が行う国際会議(Convention)、展示会・見本市、イベント(Exhibition/Event)の頭文字のことであり、多くの集客交流が見込まれるビジネスイベントなどを総称するものです。 

※2 DMOとは、Destination Management Organization、もしくはDestination Marketing Organizationの略称で、観光地域づくりを持続的・戦略的に推進し、牽引する専門性の高い組織や機能のことです。

※3 凸版印刷 旅道プロジェクト http://www.toppan.co.jp/solution/service/tabido/
観光立国の実現に向け、「何度も旅したくなる日本」をコンセプトに、さまざまな企業と連携し、訪日外国人の旅の質と利便性向上を目指す、凸版印刷の取り組みです。

* 本ニュースリリースに記載された会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
* 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

以上

ページの先頭へ戻る