TOPPAN
凸版印刷株式会社

お問い合わせ

文字の大きさ

  • 大
  • 中
  • 小
  • 製品・サービス
  • IR情報
  • CSR活動
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 研究開発
  • 採用情報

ニュースリリース検索

2016年11月14日

凸版印刷、デジタル申込サービス拡大
住宅ローン事前審査一括申込サービス「Smart Entry Tab」、
新たに「フラット35」の受付対応を開始
専用アプリへの一度の入力で、民間住宅ローンと「フラット35」の同時申込を実現
 凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)は、2015年1月より展開している住宅ローン事前審査一括申込サービス「Smart Entry Tab(スマートエントリー・タブ)」(※1)において、従来の民間住宅ローンの受付に加え、住宅金融支援機構が民間金融機関と提携して提供している住宅ローン「フラット35」(※2)の受付対応を2016年11月中旬より開始します。
 第一弾として、「フラット35」取扱金融機関である株式会社クレディセゾン(本社:東京都豊島区、代表取締役社長:林野宏)の取扱いをスタートします。

 「Smart Entry Tab」は、不動産会社の店頭やマンションギャラリー、住宅展示場などで、不動産会社所有のタブレット端末から専用アプリを通じて住宅ローン事前審査の申し込みを行うペーパーレス申込システムです。最大の特長として、1回の入力と書類の撮影でお客さまが選択した複数の金融機関に対して同時に申し込みをすることができます。2016年10月現在で金融機関と不動産会社、合わせて20社以上の企業に活用されているサービスです。

 

 今までは、銀行を中心とした民間住宅ローンの受付に限定されていたため、「フラット35」への申し込みを希望されるお客さまは、紙の申込書への記入と捺印が必要でした。民間住宅ローンと同時に「フラット35」の申し込みを希望された場合、タブレット端末への入力と申込書への記入が必要なため、お客さまの入力(記入)負荷が課題となっていました。


 この課題を解決するため、「Smart Entry Tab」が「フラット35」へ対応、専用アプリの入力フォームから、民間住宅ローンと「フラット35」の共通項目に続き、「フラット35」の固有項目を入力することで、一連のアプリ操作で民間住宅ローンと「フラット35」へ同時に申し込みを行うことが可能となります。

 お客さまが「フラット35」取扱金融機関を選択した場合に金融機関へ連携される入力データは、「フラット35」提供機関となる住宅金融支援機構による事前審査に必要な項目をカバーしており、データ受領後の審査工程へスムーズに連携することができるため、事前審査回答までのスピードアップも期待できます。


 設定金利の低水準化と多様な商品性から「フラット35」への市場ニーズが高まる中、住宅ローン事前審査一括申込サービス「Smart Entry Tab」で民間住宅ローンに続き、「フラット35」の受付が可能となり、お客さまと不動産会社の住宅ローン選定における選択肢を拡げることで利便性を向上します。

 また、「フラット35」取扱金融機関にとっては、申込手続きのペーパーレス化の推進による業務効率化だけでなく、不動産業界における営業機会創出チャネルとしてもご検討いただけます。

 

07.画像1
上)サービス概要図、下)申込アプリ画面イメージ
■ 住宅ローン事前審査一括申込サービス「Smart Entry Tab」の特長
1)不動産会社と金融機関をつなぐ汎用プラットフォーム
 申込アプリと専用データセンターによるユーザ管理および申込情報管理のWEBシステムを提供する
ASPサービスです。住宅ローンの受付事務を担う不動産会社と住宅ローンを提供する金融機関を
N対Nで結ぶ汎用的なプラットフォームとしてご利用いただけます。

 

2)複数金融機関への一括申込が可能

 住宅ローン事前審査に必要な入力項目を共通化しているため、お客さまは複数の金融機関へ同時に申し込むことができます。今回、「フラット35」の必要項目の追加により、「フラット35」取扱金融機関のご利用も可能になりました。

 

3)お客さまの入力負荷を軽減する専用アプリによるカンタン入力

 手書き入力機能や免許証・名刺の読み取り機能により、お客さまの入力負荷を軽減しています。本人確認書類や源泉徴収票、物件チラシ等の審査関連書類はタブレット端末のカメラで撮影します。

 

4)住宅ローン事前審査受付フローのペーパーレス化

 申込アプリで入力した必要項目と撮影書類および電子サインはデジタルデータとして金融機関へ連携され、不動産会社への審査結果回答もメール通知と管理画面でのやりとりで完結します。

 


■今後の展開
 凸版印刷は、今回の「フラット35」対応を契機に「Smart Entry Tab」の拡販を強化し、2016年度に関連受注を含め3億円の売上を目指します。
 今後もお客さまやサービス利用企業さまからのニーズや要望を反映した継続的なサービスのバージョンアップにより、不動産関連業界における住宅ローン受付スキームのデファクトスタンダード化を図ります。


※1 住宅ローン一括申込サービス「Smart Entry Tab(スマートエントリー・タブ)」:
 タブレット端末から専用アプリを通じて住宅ローン事前審査のお申し込みを行うペーパーレス申込システム。複数の金融機関への一括申込が可能で、本人確認書類などの審査関連書類はアプリ内の撮影機能で画像を取得。「申込書の記入が大変」「紙とFAXによる個人情報漏えいリスク」「審査結果回答のスピードアップ」といったお客さま・不動産会社・金融機関の課題を解決できる仕組みです。

※2 「フラット35」:
 民間金融機関と住宅金融支援機構が提携してお客さまに提供する全期間固定金利住宅ローン。全期間固定金利住宅ローンは、資金のお受取時にご返済終了までのお借入金利・ご返済額が確定する住宅ローンなので、長期にわたるライフプランを立てやすくなるのが特長です。


* 本ニュースリリースに記載された会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
* 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。
以上

ページの先頭へ戻る