TOPPAN
凸版印刷株式会社

お問い合わせ

文字の大きさ

  • 大
  • 中
  • 小
  • 製品・サービス
  • IR情報
  • CSR活動
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 研究開発
  • 採用情報

ニュースリリース検索

2016年10月27日

RIEDEL、ギフトカードを発行
~260年の歴史を誇る世界的名門ワイングラスブランド「RIEDEL」のRSN Japan株式会社が「RIEDEL GIFT CARD」発行。2016年10月~リーデル青山本店・リーデル名古屋店の2店舗にてお取扱い開始。~
RSN Japan株式会社
凸版印刷株式会社
富士通エフ・アイ・ピー株式会社
  RSN Japan株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:ウォルフガング・アンギャル、以下 RSN Japan)は、凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子 眞吾、以下 凸版印刷)と富士通エフ・アイ・ピー株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:米倉 誠人、以下 富士通エフ・アイ・ピー)が共同で提供・運営する「サーバ管理型プリペイドASPサービス」(注1)を活用し、2016年10月より「RIEDEL GIFT CARD」をリーデル青山本店およびリーデル名古屋店の2店舗にて販売を開始することとなりましたので、お知らせいたします。
ワイングラスのオーソリティーとして世界中のワイン愛好家から信頼されている「RIEDEL」は、ワインを最高の状態で楽しむためのグラス形状のスタンダードを作ったブランドです。グラスのラインナップは160種類以上に及び、「RIEDEL」のグラスを贈ることが、ワイン愛好家へのスマートなギフトとして喜ばれています。「RIEDEL GIFT CARD」を発行することで、カードを贈られた相手はリーデルショップでグラスの専門家から的確な助言を受け自分好みのワインに合う最高のグラスを手に入れることが出来るようになります。また、定期的な開催で人気を博しているワイングラスのテイスティング・セミナーでも利用できるため、「RIEDEL GIFT CARD」をワイン好きな方へ贈ることで、テイスティング・セミナーというユニークな体験をプレゼントすることもできるようになります。
カード券面イメージ
カード券面イメージ
◆「RIEDEL GIFT CARD」詳細
1.開始時期:2016年10月27日(木)より提供開始
2.発行券種:1券種・使い切り型・入金上限額5万円・3千円~5万円まで千円単位で入金可
3.有効期限:カード発行日から2年間
4.取扱店 :リーデル青山本店
                     〒107-0062東京都港区南青山1-1-1青山ツインタワー東館1F
                   リーデル名古屋店
                     〒460-0003愛知県名古屋市中区錦3-6-29 サウスハウス1F
5.初回発行:2,000枚
6.URL :http://www.riedel.co.jp/

  「RIEDEL GIFT CARD」は、カードの残高をデータセンターのサーバで管理する方式を採用しています。カード裏面に印字されたバーコードを店舗設置のタブレットPOSレジ「EC-Orange POS」(注2)で読み取り、リアルタイムに残高の減算を行います。複数枚併用で決済する場合は、5枚まで決済可能です。また、「RIEDEL GIFT CARD」は、カード裏面のカード番号16桁、PIN番号4桁を専用サイトに入力することで、お客さま自身がカードの残高と利用した過去の履歴を照会することができる仕組みになってます。今回、RSN Japanが凸版印刷と富士通エフ・アイ・ピーをパートナーとして選んだ理由は、(1)「RIEDEL GIFT CARD」に必要とされるセキュリティやシステムの信頼性を高いレベルで提供することが可能なこと、(2)豊富なプリペイドカードサービスの提供実績により導入計画から運用設計・機器開発・カード製造・プロモーションまで、関連業務の全てに精通しておりお客さまに安心してご利用いただけるサービスの提供が可能なことが挙げられます。
  また、「RIEDEL」は百貨店のインショップが多いため、将来的な百貨店での利用拡大を考慮して、「百貨店ギフトカード」の共同センターも運営する凸版印刷と富士通エフ・アイ・ピーの「サーバ管理型プリペイドASPサービス」を採用しました。今後、RSN Japanと凸版印刷、富士通エフ・アイ・ピーは協力して、さらなるお客さまの利便性向上に努めるとともに、「RIEDEL GIFT CARD」サービス拡充に向けたサポートをしてまいります。

(注1):「サーバ管理型プリペイドASPサービス」
「RIEDEL GIFT CARD」に採用された「サーバ管理型プリペイドASPサービス」は、凸版印刷と富士通エフ・アイ・ピーが共同で提供・運営しているサービスで、ギフトカードやハウス電子マネーの残高管理を行うリアルタイムプロセッシングサービスです。情報セキュリティ格付で決済サービスとして初となる最高位「AAAis」を取得しているほか、ISO/IEC27001(注3)をはじめ各種国際認証を満たした富士通グループの安全なデータセンターで運用される信頼性の高いサービスとして、既に130社を越える企業に導入され、国内随一の実績があります。
関連webサイト:(サーバ管理型プリペイドASPサービス)http://about.giftcard.ne.jp/

(注2):EC-Orange POS
株式会社エスキュービズム・ホールディングスが提供するiPadやWindowsタブレットに対応したPOSレジソリューションです。商品・在庫情報の確認、会員の検索、顧客層の選択、精算といった基本的なPOSレジの機能を搭載しているほか、プロモーション・販売分析・CRMなどの機能も充実しています。「サーバ管理型プリペイドASPサービス」とは標準機能で連携可能です。

(注3):ISO/IEC27001

ISO(国際標準化機構)が定めた、組織における情報セキュリティマネジメントシステムに関する国際規格。情報の機密性(C:Confidentiality)・完全性(I:Integrity)・可用性(A:Availability)の3つをバランスよくマネジメントし、情報の有効活用を実現するためのツールです。ISMSの後継認証制度として、2005年に発行されました。

 

※商標について

  記載されている製品名などの固有名詞は、各社商標または登録商標です。


* 本ニュースリリースに記載された会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。

* 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

以上

ページの先頭へ戻る