TOPPAN
凸版印刷株式会社

お問い合わせ

文字の大きさ

  • 大
  • 中
  • 小
  • 製品・サービス
  • IR情報
  • CSR活動
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 研究開発
  • 採用情報

ニュースリリース検索

2016年10月03日

凸版印刷、日本初、CNFでバリア紙カップ
新素材「セルロースナノファイバー」を用いたバリア性を持つ紙カップを開発、
バイオマス素材で従来品同等の酸素バリア性を実現

 凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)は、新素材「セルロースナノファイバー(以下、CNF)」をコーティングした紙器の開発を推進しています。
今回、CNFを用いた紙器の第一弾として、酸素バリア性を持つ食品向け紙カップを開発。2017年3月よりサンプル出荷を開始します。
なおCNFを活用したバリア紙カップは本製品が日本初となります。

 CNFは、紙の原料となる木の繊維を1ミクロンの数百分の一以下であるナノオーダーにまで微細化したバイオマス素材です。「軽くて強い」、「熱変形が小さい」などの特長があり、自動車、家電、塗料や繊維などさまざまな分野で新素材として期待されています。

 凸版印刷は今回、CNFの持つ酸素バリア性に着目。紙基材にCNFをコーティングすることでバリア層を形成し、食品の酸化劣化を防ぐ環境配慮型の新製品を開発しました。
また、本製品は匂いに対するバリア性を併せ持つ為、保香性や保存時の移り香防止にも効果があります。

 なお本製品は、2016年10月4日(火)から7日(金)まで開催される「2016東京国際包装展」(会場:東京ビッグサイト)のトッパンブースで紹介します。

image
CNFバリア紙カップのサンプル(左)と層構成図(右)
(C) Toppan Printing Co.Ltd,.

■ 開発の背景
 環境問題への関心が高まっている現在、企業活動においても持続可能な社会の実現に向けてさまざまな取り組みが進められ、パッケージについても環境を配慮した製品の提供が求められています。
その中で、木の繊維を原料とするCNFのパッケージへの応用は、従来品と比べ、石化由来材料の使用量削減を実現するものとして期待されています。
 凸版印刷では2007年よりCNFに関する研究開発を行っており、その一環として、CNFの酸素バリア性を活用した紙器を開発しています。今回、凸版印刷が長年培ってきたバリア技術とカップ成型技術を融合することにより、バイオマス素材でありながら、従来同等の酸素バリア性を持つ食品向け紙カップの開発に成功しました。


■ 本製品の特長
・CNFを活用した日本初の紙カップ
注目をあつめる新素材CNFを日本で初めて紙カップに活用しました。
・酸素バリア性を実現
紙カップの内側に形成されたCNF層により酸素バリア性を保有。バイオマス素材で、石化由来材料をバリア層に使用した従来品と同等の酸素バリア性を実現。
・匂いバリア機能も発現
CNFには香りや匂いに対するバリア機能も発現。CNFバリア紙カップの内容物へ外部の香りや匂いが移ることがなく、移り香防止にも効果があります。
・石化由来材料の使用量を40%以上削減
CNFで酸素バリア機能を発現するため、従来使用していたプラスチックフィルムが不要になり、石化由来材料の使用量を40%以上削減できました。


■ 価格
 従来の石化由来材料をバリア層に使用したバリア紙カップとほぼ同等の価格を実現しました。


■ 今後の目標
 凸版印刷は今後、本製品をカップ麺や菓子、アイスクリーム・乳製品など、食品向けに拡販。CNFを用いた紙器全体で2020年度に約10億円の売上を目指します。
 また、凸版印刷は今後もCNFを用いた新しい紙器の開発を推進していきます。



* 本ニュースリリースに記載された「CNFバリア紙カップ」関連特許は出願中です。
* 本ニュースリリースに記載された会社名および商品・サービス名は当社の商標または登録商標です。
* 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

以上

ページの先頭へ戻る