TOPPAN
凸版印刷株式会社

お問い合わせ

文字の大きさ

  • 大
  • 中
  • 小
  • 製品・サービス
  • IR情報
  • CSR活動
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 研究開発
  • 採用情報

ニュースリリース検索

2016年08月29日

凸版印刷、家具一体型サイネージ開発
~「コミュニケーションテーブル」、三菱地所ホーム「瀬田ホームギャラリー」で採用~
 凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)は、双方向のデジタルサイネージ技術を高級家具調テーブルに組み込んだ一体型サイネージ「コミュニケーションテーブル」の本格的販売を、2016年9月より開始します。
 凸版印刷は、セールスプロモーション分野で培ったノウハウを元に、VR(仮想現実)、AR(拡張現実)等の新しい技術を使った映像演出や、4K、8K等の高精細表現による次世代店頭サイネージなど、先端表現技術を活用した空間作りの実現に注力しています。
 本システム「コミュニケーションテーブル」は、三菱地所ホーム株式会社(本社:東京都港区、社長:加藤博文)の瀬田ホームギャラリー(世田谷区瀬田5-20)に7月2日にオープンした、システム設計住宅「WIZE-H(ワイズエイチ)」のモデルハウスで採用されました。水平配置した46インチのタッチパネルディスプレイを中心に、TVやプロジェクターなど様々なデバイスに情報を表示させて、モデルハウスの来場者への新しいビジュアルプレゼンテーションシステムとして使われています。

■「コミュニケーションテーブル」について
 「コミュニケーションテーブル」は、静電式フラットガラスのタッチパネルディスプレイを水平配置した、双方向のテーブル型サイネージです。タッチ方式は赤外線方式と静電方式の2種があり、静電方式では画面操作中に資料を広げたり、お茶を出したりすることも可能です。
 これまで販売してきた筐体一体型モデル(※)を元に、46インチフラットガラス10Pointタッチディスプレイを木製家具に組込み、インテリアにマッチしたシステムとして提供します。
 メニュー画面はお客様のご利用シーンに合わせてカスタマイズが可能。利用者が必要な情報データを独自ランチャーでメニュー化、静止画、動画、PDF、WEBサイトなどのデジタルデータがテーブル上で自在に閲覧できます。また、テーブル上のデータを各種デバイスにシンクロ表示させることも可能で、これからの新しい家づくりがイメージできる最先端プレゼンテーションを実現しています。
 今後、住宅業界のほか、金融、観光、自動車業界など向けに展開していきます。

■価格
参考価格: 300万円~

■事業目標

2017年度売上目標:6,000万円

画像_テーブル一体型サイネージ1.jpg 画像_テーブル一体型サイネージ2_明.JPG 画像_テーブル一体型サイネージ3.jpg

     三菱地所ホーム瀬田ホームギャラリーに設置した、「コミュニケーションテーブル」

コミュニケーションテーブル46インチモデル.jpg

※「コミュニケーションテーブル」・46インチ筐体一体型モデル

・46インチクラスの静電方式10ポイントタッチでは国内最大級サイズ

  ・接続設定により、リモコン切替による各種デバイスとのシンクロ表示

  (4KTV、プロジェクター)も可能


三菱地所ホーム瀬田ホームギャラリー】

三菱地所ホームGmap.jpg 三菱地所ホームG.jpg

所在地 東京都世田谷区瀬田5-20 ハウジングプラザ瀬田内

交通アクセス
・東急田園都市線「用賀駅」北口より徒歩約10 分
・東急東横線・目黒線「田園調布駅」より東急バス[2 番]環八経由千歳船橋駅行で「玉川病院入口」下車すぐ

 

* 本ニュースリリースに記載された会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。

* 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

 

以上

ページの先頭へ戻る