TOPPAN
凸版印刷株式会社

お問い合わせ

文字の大きさ

  • 大
  • 中
  • 小
  • 製品・サービス
  • IR情報
  • CSR活動
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 研究開発
  • 採用情報

ニュースリリース検索

2016年07月28日

唐招提寺・凸版印刷・トッパンフォームズ、
鑑真和上の偉業を後世に伝える重要文化財「東征伝絵巻」を高品位複製
~最長約20メートルの絵巻を継ぎ目なく再現~
律宗総本山 唐招提寺
凸版印刷株式会社
トッパン・フォームズ株式会社
 律宗総本山 唐招提寺(所在地:奈良県奈良市、長老:西山明彦、以下 唐招提寺)と凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)、トッパン・フォームズ株式会社(所在地:東京都港区、代表取締役社長:坂田甲一、以下 トッパンフォームズ)の3者は、唐招提寺の開祖、鑑真和上の半生を描いた重要文化財「東征伝絵巻」の高品位複製を制作しました。
 奈良国立博物館で2016年7月31日(日)に開催される小・中学生向け講座「きく!みる!ふれる!東征伝絵巻」では、本複製絵巻に実際に触れる体験イベントが実施されます。さらに今後、本複製絵巻は唐招提寺に保管され、今後講話や講演会などで活用されます。
 「東征伝絵巻」高品位複製は、凸版印刷が開発した文化財専用の大型オルソスキャナ(※1)を用いて取得した高精細アーカイブデータを活用し、唐招提寺、奈良国立博物館の監修のもと、凸版印刷のカラーマネジメント技術と高精細画像処理技術を用いて精確に再現しています。また、トッパンフォームズが福井県越前市の越前和紙メーカーと共同開発した長尺プリント用特漉き和紙「鳥の子和紙」(※2)を使用。長尺出力が可能なプリンタを用い、同社が独自開発した歪みなく高速出力する技術によって最長約20メートルの絵巻を継ぎ目なく出力しています。
image
重要文化財「東征伝絵巻」高品位複製

■ 重要文化財「東征伝絵巻」について
 重要文化財「東征伝絵巻」は、奈良時代に書かれた大和上の伝記「唐大和上東征伝」を元に、鎌倉時代、鎌倉・極楽寺の僧、忍性が制作を発願、唐招提寺に奉納しました。以来、自らの生命の危険を顧みずに、日本の仏教発展のために渡来した大和上の業績を世に知らしめるものとして、大和上が自ら創建した唐招提寺に大切に伝えられています。この作品は、公開できる期間や場所が限られ、多くの人々が鑑賞することが難しい状況となっています。今回複製を制作したことで、より多くの人が絵巻を鑑賞したり、触れたりできるようになりました。


■ 凸版印刷のVR・デジタルアーカイブへの取り組み
 凸版印刷では印刷テクノロジーで培った高精細・大容量のデジタル画像処理技術やカラーマネジメント技術、立体形状計測技術を核に、文化財の高精細デジタルアーカイブに取り組み、これまでに、マチュピチュ(ペルー)、国宝「檜図屏風」(東京国立博物館所蔵)など、国内外で数々の貴重な文化財や世界遺産をデジタルアーカイブ化しています。
 さらに、文化財のデジタル展示手法としてVR技術の開発に取り組み、『ナスカ』や『唐招提寺~金堂の技と鑑真和上に捧ぐ御影堂の美~』、『洛中洛外図屏風 舟木本』など、著名な文化財をテーマにしたVR作品を1997年から50本製作しています。
 また、大型スクリーンを用いたVRシアターの導入を進め、海外では中国・故宮博物院やホンジュラス共和国博物館、国内では東京国立博物館の「TNM&TOPPANミュージアムシアター」や日光東照宮 東照宮シアター、堺市博物館 百舌鳥古墳群シアターなど22拠点にトッパンVRシステムを導入、文化財VR作品を上映・上演しています。
URL: http://www.toppan-vr.jp/bunka/


■ トッパンフォームズの絵巻複製制作について
 トッパンフォームズでは、1993年よりオンデマンド印刷事業を開始し、コンテンツのデジタル化・データベース化とともに、さまざまな印刷物を「必要な時」に「必要な部数」のみ短納期・低コストで製作できる環境を提供しています。またつなぎ目の無い、完全エンドレスの長尺印刷を実現し、これまで国宝である日本四大絵巻(「源氏物語絵巻」「信貴山縁起絵」「伴大納言絵巻」「鳥獣人物戯画」)他、数多くの文化財絵巻の複製を手がけています。これらの複製品は大学の研究材料としても活用され、絵巻文化の普及に貢献しています。



※1 大型オルソスキャナ
一般的なデジタルカメラで撮影した画像を使った文化財のデジタル化では、被写体の位置により取得される像が異なるほか、距離や形状の凹凸により像の大きさが変化し遠近感が生じてしまう課題がありました。本スキャナーは、特殊なレンズ(テレセントリックレンズ)を用いることで正射投影を実現。被写体と光学系の距離が変化しても像の大きさは変化せず、得られた画像からは文化財の精確な形や大きさを知ることができます。
また、精確な色彩情報を取得するために、文化財に対して熱などのダメージを与えずに均一な照明を行うことが可能な照明システムを採用しています。
※2 長尺プリント用特漉き和紙「鳥の子和紙」
鳥の子和紙特有のタッチにより、触感を刺激する絵巻に適した和紙です。


* 本ニュースリリースに記載された会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
* 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

以上

ページの先頭へ戻る