TOPPAN
凸版印刷株式会社

お問い合わせ

文字の大きさ

  • 大
  • 中
  • 小
  • 製品・サービス
  • IR情報
  • CSR活動
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 研究開発
  • 採用情報

ニュースリリース検索

2016年07月20日

凸版印刷、VRとGPSを活用した旅行者向けサービス「ストリートミュージアム」で
全国の史跡コンテンツを1つのアプリに集約し、回遊機能を搭載した
自治体向けサービスの提供を開始
~旅行前から旅行後まで活用できるため、観光を通じた地域活性化に貢献、
コンテンツ制作やシステムの運用・保守はもちろん、旅行者の行動分析も可能~
 凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)は、バーチャルリアリティ(以下 VR)を活用し、旅行者に訪れた場所ならではの感動を提供するサービス「ストリートミュージアム®」を、自治体や企業などに向け提供しています。
 今回このストリートミュージアムを、全国の史跡コンテンツを1つのアプリとして集約し、回遊機能を搭載した自治体向けサービスとして、2016年9月中旬から提供を開始します。

 ストリートミュージアムとは、凸版印刷が開発・提供する旅行者向けの情報提供サービスで、現存しない城郭や産業遺産などの史跡を高精細かつ色鮮やかなVRコンテンツで再現し、スマートフォンやタブレット端末の位置情報と連動して配信するものです。
 今回、全国の史跡コンテンツを1つのアプリとして集約したことにより、旅行者に対し、旅行先の検討から旅行中での特別体験、旅行後の振り返りや他の史跡への興味喚起などの機能が提供できるため、観光を通じた地域活性化などの効果が期待できます。また、本サービスを導入する自治体に対し、従来のストリートミュージアムの基本機能に加え、株式会社マピオン(本社:東京都港区、代表取締役社長:中尾光宏、以下 マピオン)と共同開発した、古地図を利用した地域回遊型ナビゲーション機能を提供。史跡に近づくとGPSと連動してコンテンツがプッシュ配信され、史跡を中心とした周辺の観光スポット情報が古地図上に表示されます。観光スポットに近づくと、VRコンテンツや音声付き映像解説などが自動配信され、一度取得したVRコンテンツはコレクションとして端末内に保存。いつでも閲覧が可能です。

 凸版印刷は本サービスにおいて、コンテンツ制作・配信はもちろん、システムの運用・保守、旅行者の行動分析までをトータルでサポートするため、自治体の導入負荷や運用コストの低減が可能です。
 なお本アプリは、2016年7月20日(水)から22日(金)まで開催される「インバウンド・ジャパン2016」(会場:東京ビッグサイト)の凸版印刷ブースにて紹介します。

image
(左)アプリの起動画面イメージ。地図上にマッピングされた史跡を選択すると、紹介動画が閲覧できる
(中央)史跡を訪れると古地図上に観光スポット情報が掲載されたコンテンツがプッシュ配信される(©こちずライブラリー)
(右)観光スポットに近づくと、VRコンテンツなどを閲覧できる(江戸城天守:製作・著作 凸版印刷株式会社)

■ 開発の背景
 訪日外国人旅行者数は3年連続で過去最高を更新するなど増加傾向が続いており、自治体では地域活性化のため、訪日外国人をはじめとする旅行者の誘致が急務になっています。それに伴い、スマートフォンを用いた観光関連アプリの導入が増加しているものの、従来のアプリは観光地ごとの提供が多く、旅行者はもちろん、自治体側の開発・運用面においても、その煩雑さが課題になっていました。
 凸版印刷は、「何度も旅したくなる日本」をコンセプトに、さまざまな自治体・企業と連携し、旅の質と利便性を向上させる「旅道プロジェクト(※1)」を推進。その一環として「ストリートミュージアム」を展開しており、これまでに福岡城や熊本城、肥前名護屋城(佐賀県)、駿府城(静岡県)でのガイドツアーや、三内丸山遺跡(青森県)のタブレット端末によるITガイドシステム、富岡製糸場(群馬県)のCG映像ガイドツアーなどに多数採用されています。
 今回、全国の史跡コンテンツを1つのアプリとして集約し、ストリートミュージアムの基本機能に古地図を用いた回遊機能を搭載した自治体向けアプリを開発。従来課題となっていた、旅行者の利便性向上はもちろん、導入する自治体の業務負荷や運用コストの低減を実現しました。


■ 今回の新機能について
・全国の史跡コンテンツを1つのアプリとして集約
従来、史跡ごとに個別に提供していた機能を、1つのアプリとして集約。全国の史跡で利用できるため、旅行者の利便性向上はもちろん、導入する自治体の業務負荷や運用コストの低減を実現しました。
・古地図を利用した周遊型ナビゲーション機能
マピオンと共同開発した、古地図を利用した地域回遊型ナビゲーション機能を追加。史跡に近づくとプッシュ機能で情報を通知するなど、旅行者の利便性を向上させます。また地図上に掲載する情報は、本サービスを導入した自治体にて、無料で更新できます。
・VRを背景とした記念撮影機能
VRコンテンツを背景に記念撮影できる機能を搭載しており、旅行者は、その場所に訪れることでしか手に入れられない記念写真が撮影できます。これによりSNSを通じた口コミ効果が期待できます。
・VRscopeに対応、観光体験の持ち帰りも可能
スマートフォンで仮想体験を実現する「VRscope(※2)」にも対応。観光体験を持ち帰るお土産用ツールへの展開も可能です。
・プロモーションを検証する分析機能
マピオンが開発した位置情報分析ツール「loghouse」により、旅行者の行動や滞在エリアの傾向を把握できます。観光プロモーション施策の立案・検討から効果検証までのPDCAサイクルを構築できます。


■ 価格
初期登録費: 35万円~、月額掲載費: 6万円~
※コンテンツ制作費は別途見積、アプリのダウンロードは無料(iOS版を9月中旬から配信予定)


■ 今後の目標
 凸版印刷は今後、本サービスを観光資源を持つ自治体などに向け拡販。コンテンツ制作などの関連受注とあわせ、2020年に約20億円の売上を目指します。


※1 「旅道」プロジェクト http://www.toppan.co.jp/solution/service/tabido/
観光立国の実現に向け、「本当の日本を知る旅」「もう一度訪れたくなる旅」をコンセプトに、さまざまな企業と連携し、訪日外国人目線で旅の質と利便性を向上させていこうという、凸版印刷の取り組みです。
※2 「VRscope」 
http://www.toppan.co.jp/solution/service/VRscope.html
スマートフォンに配信した360度パノラマの動画や静止画コンテンツを、凸版印刷が独自開発した専用のビューアにセットして鑑賞することで、立体感・臨場感にあふれるVRコンテンツを提供するものです。

* 本ニュースリリースに記載された会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
* 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

以上

ページの先頭へ戻る