TOPPAN
凸版印刷株式会社

お問い合わせ

文字の大きさ

  • 大
  • 中
  • 小
  • 製品・サービス
  • IR情報
  • CSR活動
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 研究開発
  • 採用情報

ニュースリリース検索

2016年06月14日

凸版印刷、「健康経営支援ソリューション」の提供開始
企業ブランド価値向上へ繋げるコミュニケーション支援から
健康増進、予防・未病プログラムまでをワンストップで提供
  凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)は、企業の健康経営に関する取り組みを円滑に進めるための「健康経営(※)支援ソリューション」を2016年6月中旬から提供開始します。 (※健康経営は、NPO法人健康経営研究会の登録商標です。)
 今回提供する「健康経営支援ソリューション」は、企業の経営戦略上での健康経営の位置づけを明確化し、各ステークホルダーへの情報発信を含むコミュニケーション支援や健康経営を推進していく様々な健康増進、予防・未病プログラムをワンストップで提供していきます。

■健康経営が注目される背景と取り組みにおける課題
 健康経営とは、従業員の健康保持・増進の取り組みが、将来的に収益性などを高める投資であるとの考えのもと、健康管理を経営的視点から考え、戦略的に実践することです。
 また企業が経営理念に基づき、従業員の健康保持・増進に取り組むことは、従業員の活力向上や生産性の向上などの組織の活性化をもたらし、結果的に業績向上や組織としての価値向上へ繋がることが期待されています。

 そのような中で健康経営に関わる取り組みが加速化しつつあります。その一方で、それらの取り組みは対外的には「見える化」されておらず、投資家、従業員などへの情報発信は十分でない状況であり、これらのコミュニケーション課題を解決するためのソリューションが求められています。
 さらには今後、企業が健康経営に取り組む上での指標・ノウハウの不足など様々な課題も顕在化しています。

■ソリューション提供の背景
 凸版印刷では「CSRレポート」や「アニュアルレポート」などの豊富な制作実績とそこで培ったノウハウを活かして、「健康経営レポート」、「健康宣言ハンドブック」など各ステークホルダーに対して最適な情報発信を実現していくコミュニケーションの企画・制作を支援していきます。

 合わせて凸版印刷が地方自治体で展開している「よこはまウォーキングポイント事業」や「特定健診受診率向上プログラム」などを「健康経営支援ソリューション」に応用し、各種ヘルスケアサービスを組み合わせることで、健康経営を迅速かつ効率的に推進していくことが特長です。
■ 「健康経営支援ソリューション」の特長 (主な提供サービス)

1.健康経営を「認知させる」「理解・共感させる」「定着させる」コミュニケーション支援
1)健康経営の「理念・ビジョン」を明確化し、理解・共感させていくための社内ポスター、宣言ハンドブック、映像、社内報など従業員向けの様々なコミュニケーションツールの施策立案と制作支援。

2)社内に対する健康経営の浸透度合の測定や、「健康経営レポート」などの社外に情報発信するための
年次報告書発行に向けた施策立案と制作支援。

2.健康増進、予防・未病プログラム支援
1)健康増進を目的とし、モチベーションを維持させる健康ポイントプログラム
ウォーキングポイントを核に健康イベントの参加や、健診受診などもポイント化し可視化することで、モチベーションを維持。また、インセンティブを与えるためのポイント加算減算や、個人エントリーだけでなく、組織単位での集計も可能なシステムを提供、企業に合わせた様々な取り組みが可能。

2)糖尿病を中心とした疾病の重症化を予防する行動変容プログラム
これまでトッパンが培ってきた顧客情報の分析、コミュニケーション戦略の企画実行支援ナレッジやシニアコミュニケーションのノウハウ、個人向けにさまざまなCRM手法を活用し、自覚症状のない糖尿病ハイリスク者へのアプローチにより行動変容を起こさせ、医療機関への送客を促進していくコミュニケーションプログラム。

3)美術を通じて脳の活性化、心身のリフレッシュを図るアートプログラム
オリジナルのアートプログラムに沿って、絵を描くオブジェを作るなどの創作活動そのものを楽しむプロセスを通して集中力や意欲の向上、社会性の改善などに効果が期待できるプログラム。

■ 想定価格
 コミュニケーション支援業務における一般的な場合、100万円から
  (※価格は制作ツール種類や数量など規模、条件によって変動します)

■ 今後の展開
 凸版印刷は、地方自治体を中心とした様々なヘルスケアソリューションを展開してきましたが、今後は企業に対するヘルスケア関連事業も強化していき、2018年までに100億円を目指していきます。


* 本ニュースリリースに記載された会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
* 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。
以上

ページの先頭へ戻る