TOPPAN
凸版印刷株式会社

お問い合わせ

文字の大きさ

  • 大
  • 中
  • 小
  • 製品・サービス
  • IR情報
  • CSR活動
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 研究開発
  • 採用情報

ニュースリリース検索

2016年06月03日

凸版印刷、災害時に生活用水の持ち運びに便利な非常用給水袋が
内閣官房「国土強靭化 民間の取組事例集」に選定

 凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)が開発した、災害時に生活用水の持ち運びに便利な非常用給水袋が、内閣官房 国土強靭化推進室が2016年5月23日に公開した「国土強靭化 民間の取組事例集」において、顧客を守る取り組み事例のひとつとして選定・掲載されました。

 本製品は、凸版印刷が提供しているプラスチックフィルム内袋と段ボールの外装箱で構成される大容量液体製品向け複合容器「TL-PAK(ティーエルパック)」の製造技術を活用して開発したものです。約9ℓの水を持ち運ぶことが可能で、プラスチックフィルムを使用したシンプルな構造のため、低コストで導入できます。使用しないときは折りたたんで収納できるほか、コンパクトな設計により、トートバッグなどに入れて持ち運ぶことも可能です。凸版印刷が大阪府と2015年11月5日に締結した防災協定により、大阪府の非常用給水向け包装材として提供しています。
 本製品が「国土強靭化に関して先導的な取組」として評価され、今回の選定・掲載につながりました。

 凸版印刷は今後も、事業活動を通じ、安心・安全な社会の実現に向け貢献していきます。
image
内閣官房「国土強靭化 民間の取組事例集」(左)と、選出・掲載された非常用給水袋(右)

■ 「国土強靭化 民間の取組事例集」について
 民間企業の国土強靭化に資する主体的な取り組みの促進に向けた施策展開のため、大規模自然災害に対する民間企業自身の災害対応力や地域の防災力の向上等に役に立つ取り組みなど、国土強靭化に資する事例を内閣官房が選定したものです。
URL: http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/kokudo_kyoujinka/h28_minkan/



* 本ニュースリリースに記載された会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
* 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

以上

ページの先頭へ戻る