TOPPAN
凸版印刷株式会社

お問い合わせ

文字の大きさ

  • 大
  • 中
  • 小
  • 製品・サービス
  • IR情報
  • CSR活動
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 研究開発
  • 採用情報

ニュースリリース検索

2016年04月18日

電子チラシサービス「Shufoo!」のインバウンド対応サービスが訪日外国人向けサービス3社と提携開始 購買意欲の高い訪日外国人へのリーチを拡大し、流通企業の集客を支援
~エキサイト株式会社、エクスポート・ジャパン株式会社、株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレスと提携~
 凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)が運営する国内最大級の電子チラシサービス「Shufoo!(シュフー)」(※1)は、訪日外国人向けの買い物情報サービスである「Shufoo!インバウンドサービス」(※2)を2016年3月8日より提供開始しています。今回、サービスの利用拡大のため、国内外の訪日外国人向けサービスと提携を開始。その第一弾として、日本国内の訪日外国人向けサービスである、エキサイト株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:今川聖、以下 エキサイト) の繁体字インバウンドメディア「Japaholic(ジャパホリック)」(※3)など3社に対し、チラシをはじめとする日本の買い物情報の提供を、2016年4月18日より順次開始します。

 「Shufoo!インバウンドサービス」は、チラシを配信する仕組みを活用して、訪日前および訪日中の中国語圏(台湾、香港、中国等)からの旅行者に対して、家電量販店、ドラッグストア、スーパーを中心とした流通企業のチラシをはじめとする買い物情報を届けるサービスです。チラシは普段から日本人が利用する信頼度・鮮度が高い買い物情報として、主に日本語のものをそのまま使用します。一方で、検索導線や店舗情報、地図、経路案内を多言語化し、英語、中国語(簡体字/繁体字)に対応することで、訪日外国人が日本の買い物情報に容易にアクセスできる環境を提供しています。

 今回、提携企業のサービスに、チラシをはじめとする日本の買い物情報を提供し、各サービスのユーザーが「Shufoo!インバウンドサービス」と同等の情報を閲覧できる環境を作ることで、延べ250万人にリーチが可能となり、流通企業からお預かりしたコンテンツの価値向上と訪日外国人の集客を支援します。また、信頼性と鮮度の高い情報提供により提携企業のサービス拡充と活性化を支援します。

07.画像1
<エキサイト株式会社「Japaholic(ジャパホリック)」からの遷移>
■各社のメリット
凸版印刷:「Shufoo!インバウンドサービス」の利用拡大が可能
提携企業:信頼度・鮮度が高い日本の買い物情報を自社メディアに掲載することで、自社ユーザーのサービス利用促進が可能

■提携企業/メディア・サービス
・エキサイト株式会社/「Japaholic」(※3)
 凸版印刷様との本取り組みにより、訪日目的の上位であるショッピング関連のコンテンツを拡充できることを嬉しく思います。セールやお買い得情報は需要が高く、割引クーポン等へ発展できる可能性にも期待しております。外国人には日本のチラシのデザインも興味深く映るようで、コンテンツとしても楽しんでもらえるものと思います。

・エクスポート・ジャパン株式会社/「japan-guide.com」(※4)
 ここ最近の外国人観光客の動向として日本の”日常”を体験したい、というニーズがますます強くなってきておりますので、まさに日本人にとっての”日常”を体現するチラシに対するユーザーからの反応が非常に楽しみです。

・株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレス/「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」(※5)
 株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレスが訪日外国人向けに提供する「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」アプリは、弊社が提供する国内20万か所以上でのWi-Fiスポットへの無償接続を軸に、周辺観光地域やお得情報などのコンテンツ配信を行っています。この度「Shufoo!」から提供される鮮度の高いチラシ情報を当アプリから配信することにより、利用ユーザーの利便性がさらに高まることを期待しています。

(※50音順)

■今後の展開
 凸版印刷は、「Shufoo!インバウンドサービス」と国内外の訪日外国人向けサービスとの更なる提携を進め、2017年3月末までに、ユーザー規模を100万人とすることをめざします。

※1 「Shufoo!」について
 凸版印刷が2001年8月より運営を開始し、20-40代の女性を中心に利用されている国内最大級の電子チラシサイト。大手流通各社、地域主力スーパーなど約3,100法人、約104,000店舗が参加(2016年2月末現在)しています。チラシの閲覧回数や閲覧部分のデータを収集・分析するマーケティング機能も備えています。また、生活者は、スマートフォン、タブレット端末、PC、デジタルテレビなど様々なデバイスから日本全国の電子チラシを閲覧することができます。
・PC http://www.shufoo.net
・iPhone http://itunes.apple.com/jp/app/id373909230?mt=8
・iPad http://itunes.apple.com/jp/app/id373911706?mt=8
・Android https://play.google.com/store/apps/details?id=com.toppan.shufoo.android&hl=ja

※2 「Shufoo!インバウンドサービス」について
訪日外国人客向けお買い物情報サイト「JAPAN Shopping Guide Shufoo!」(繁体字名:「日本舒服購物」、簡体字名:「日本舒服购物」)として、2016年3月8日にサービス開始。

■PC版
英語版http://www.i-shufoo.com/en/      
繁体字http://www.i-shufoo.com/zh-tw/
簡体字http://www.i-shufoo.com/zh-cn/
■スマートフォン版
英語版http://s.i-shufoo.com/?language=en  
繁体字http://s.i-shufoo.com/?language=zh-tw  
簡体字http://s.i-shufoo.com/?language=zh-cn  

※3 「Japaholic」について
20代~30代アジア人女性をメインターゲットとした日本情報メディア。観光、ショッピング、グルメ、ライフスタイル情報を中心に発信。台湾・香港を訪日へのトレンドセッターと捉え、繁体字版からスタート。現在、月間UU数40万、Facebookファン数13万(いずれもほぼ台湾・香港人)。簡体字版や英語版の提供も予定しており、外国人の日本への需要喚起を促進します。
http://www.japaholic.com/

※4 「japan-guide.com」について
ジャパンガイドとは毎月160万人のユーザーが訪れ、800万以上のPV数を誇る、日本の旅行情報や生活、文化情報を集約した世界有数の訪日外国人向け日本情報ポータルサイトです。
http://www.japan-guide.com/

※5 「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」
株式会社ワイヤ・アンド・ワイヤレスが運営する空港・主要駅・飲食店・観光地などを中心とした日本全国20万か所以上(※)のアクセスポイントに自動接続するAndroid/iOS対応の訪日外国人向けWi-Fi接続支援アプリで、配信開始から約10カ月弱の期間に、外国人のみで累計100万以上のダウンロードを記録し、現在も日々ダウンロード数を伸ばしています。また、周辺のお得情報や観光情報など旅に役立つ情報配信機能を備えており、年間1億規模の配信能力により、多くの日本旅行に関する情報をお届けしています。(※)詳細については「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」のホームページをご参照ください。
http://wi2.co.jp/tjw/

* 本ニュースリリースに記載している会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
* ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

以上

ページの先頭へ戻る