TOPPAN
凸版印刷株式会社

お問い合わせ

文字の大きさ

  • 大
  • 中
  • 小
  • 製品・サービス
  • IR情報
  • CSR活動
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 研究開発
  • 採用情報

ニュースリリース検索

2016年03月07日

凸版印刷、全日空商事と共同で、
訪日外国人旅行者向け「取り置きサービス」を販売開始
出発前に商品を予約、訪日時に店舗で受け取り、必ず買える確実なショッピング実現、
参加企業は出発前の旅行者にブランド、商品の認知を訴求
 凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)は、全日空商事株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:西村健、以下 全日空商事)と共同で、訪日外国人旅行者向け「取り置きサービス」を3月から販売開始します。
 訪日外国人旅行者が、旅行前に日本の商品を予約し、訪日時に指定した店舗を訪問して、予約にもとづいて取り置きしてあった商品を購入できるサービスです。英語、繁体字、簡体字で対応しています。
 買いたい商品を確実に購入できることで、訪日時の旅行者のショッピングを楽しく便利にします。「取り置きサービス」を利用して商品を販売する流通業、メーカーなどの参加企業は、消費意欲の高い個人旅行者へ、旅行前にアプローチできるとともに、事前に人気商品がわかることで、品揃えや在庫調整がしやすく、店舗業務の効率化が期待できます。また、訪日前にブランドや商品の認知を訴求することで、旅行者に、確実に来店してもらい、購買行動を促進することができます。
■「取り置きサービス」の流れ
 訪日前の外国人旅行者は、ANA の現地媒体、2015 年11 月に全日空商事が開始した「ANA Experience Japan」や機内誌によって、ブランドや商品を認知して、訪日時に購入したい商品を取り置き予約します。 旅行者は、「取り置きサービス」に会員登録し、ログイン、サイトカタログを閲覧して、受取り店舗、受取り日時を指定して希望商品を予約します。予約が完了すると、予約番号が発行されます。旅行者は、訪日時に指定した店舗で予約番号を提示して、希望の商品を受取ります。
 特に、人気の商品は、店頭在庫が品薄になる場合も多く課題となっていましたが、事前に予約を行うことで、旅行者は、売り切れが心配な限定品、新製品も事前予約によって、確実に購入することができます。また、取り置き商品を受け取る店舗、来店日を指定して、確実な旅行計画を立案できます。
 「取り置きサービス」を利用して商品を販売する流通業、メーカーは、旅行者が、訪日前にブランドや商品を認知して、商品を事前予約するので、販売実績の確保や、予約の反響による売れ筋商品を事前の把握などが可能になります。取り置き商品を受け取る店舗、来店日を指定することで、旅行者を確実に店に誘導し、来店後の購買増を促進します。
07.画像1
「取り置きサービス」の流れ
■凸版印刷の役割
 凸版印刷は、「取り置きサービス」のサービスの基盤となる受発注システムの構築と運用を担当するほか、参加企業への本サービスの営業拡販を担当します。

■「取り置きサービス」利用価格 (概算)
初期費用 10万円~
運用費用(/月) 10万円~

■事業目標
 凸版印刷は、百貨店、スーパーマーケット、ドラッグストアなどの流通業や、飲料、食料、衣料などのメーカーなど、2016年度に10社40店舗の本サービスへの参加を目指します。

 凸版印刷と全日空商事は、今後も、インバウンド向けの製品・サービスの開発を共同で進め、訪日旅行者に対し新しい体験を提供していきます。

 

【全日空商事 会社概要】

[社 名] 全日空商事株式会社

[代 表 者] 西村 健 (にしむら・けん)

[所 在 地] 東京都港区東新橋 1-5-2 汐留シティセンター TEL:03-6735-5011(代)

[U R L] http://www.anatc.com/


* 本ニュースリリースに記載された会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
* 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。
以上

ページの先頭へ戻る