TOPPAN
凸版印刷株式会社

お問い合わせ

文字の大きさ

  • 大
  • 中
  • 小
  • 製品・サービス
  • IR情報
  • CSR活動
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 研究開発
  • 採用情報

ニュースリリース検索

2016年03月04日

凸版印刷、テレビ通話型通訳サービス「とーく de TALK」の提供を開始
~訪日外国人のおもてなしに、専門スタッフを交えた質の高い3者間通訳を実現~
 凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)は、タブレットやスマートフォンのTV電話機能を活用した映像通話型の通訳サービス「とーく de TALK」の提供を、2016年3月より本格的に開始します。なお本サービスは「何度も旅したくなる日本」の実現を目指す当社の「旅道(たびどう)」プロジェクト(※1)の取り組みの一環となります。

 本サービスは、日本語・英語・中国語・韓国語に対応したコンタクトセンターと映像通話サービスを活用したリアルタイムで高品質な通訳サービスです。専用のアプリで言語を選択すると、すぐに通訳スタッフとのTV電話画面が起動します。また、マルチ通話対応を選択した場合、通訳スタッフだけでなく製品・サービスの専門スタッフを交えた複数拠点間でのコミュニケーションを実現。より質の高い情報提供を可能にしました。

 なお本サービスは、2016年3月8日(火)から11日(金)に開催される「リテールテックJAPAN2016」(会場:東京ビッグサイト)のトッパンブースにて展示します。

image
「とーく de TALK」のサービスイメージ
© Toppan Printing Co., Ltd.

■ 開発の背景
 昨今急激な増加を見せる訪日外国人旅行者数は2015年に1,973万人と過去最高を記録。3年連続で過去最高を更新するなど増加傾向が続いており、国内での受け入れ態勢の整備が喫緊の課題になっています。こうしたトレンドの中で、旅行者の特徴的な行動のひとつである「爆買い」が広く認知されていますが、一方ではリピーター客が日本の文化体験を重視するなど、行動の変化が見られ始めています。
 こうしたニーズに対し、凸版印刷はこのたび、テレビ通話型通訳サービス「とーく de TALK」の提供を開始。本サービスを活用したフェイスtoフェイスの通訳コミュニケーションは、旅行者の言語への不安に対する日本流のおもてなしサービスとして、地域の人々と旅行者との新しい交流や文化的魅力の深い理解を導きます。


■ 「とーく de TALK」の特長
・専門スタッフを交えた複数拠点間での通話にも対応
3拠点接続機能を活用することで、現場とコンタクトセンターの2拠点だけでなく、専門知識を持ったスタッフなどを交えての通話も可能なため、より詳細な情報伝達が可能です。
・料金体系の選択が可能
小規模・短期間の導入に便利な「定額プラン」と、多拠点導入による利用頻度のムラに対応した「従量課金プラン」の2つから選択可能です。
・POPや専用什器などに組み込んだ展開にも対応
タブレットなど端末での利用はもちろん、利用形態に合わせてPOPや専用什器などへの組み込みも可能です。
・質の高い通訳対応
多言語対応コンタクトセンターにて、24時間365日、英語・中国語・韓国語のスタッフが即時対応。TV通話機能を用いて通訳するため、現場の状況把握が容易な上、視覚を用いての説明も可能です。


■ 価格
<定額プラン>
年間プラン: 月額利用料2万9,000円/台~ (※初期費用別途)
※導入台数に応じて、従量課金プランも選択可能。
※いずれも、タブレットなどの端末、インターネット接続環境は別途


■ 今後の目標
 凸版印刷は今後、本サービスを店頭での訪日外国人旅行者向けのインバウンド対応サービスはもちろん、在留外国人向けの行政サービス、企業の海外拠点との社内コミュニケーションなどの用途に向けて拡販。2020年に関連受注を含め約10億円の売上を目指します。



※1 「旅道」プロジェクト
観光立国の実現に向け、「本当の日本を知る旅」「もう一度訪れたくなる旅」をコンセプトに、さまざまな企業と連携し、訪日外国人目線で旅の質と利便性を向上させていこうという、凸版印刷の取り組みです。


* 本ニュースリリースに記載された会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
* 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

以上

ページの先頭へ戻る