TOPPAN
凸版印刷株式会社

お問い合わせ

文字の大きさ

  • 大
  • 中
  • 小
  • 製品・サービス
  • IR情報
  • CSR活動
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 研究開発
  • 採用情報

ニュースリリース検索

2015年12月08日

凸版印刷、環境保全活動に貢献できる「どんぐりポイント制度」に参加
~CO2排出量の削減・埋め合わせだけでなく、生物多様性などの環境保全にも貢献~
 凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)は、環境保全活動に貢献できる「どんぐりポイント制度」に参加。まずは、自社の販促ツールに「どんぐりポイント」を付与する取り組みをはじめます。これにより、CO2排出量の削減・埋め合わせだけでなく、生物多様性などの環境保全にも貢献します。
 今後は、顧客の商業印刷物や出版物、一般証券印刷物において、どんぐりポイント制度への申請支援までを含めたワンストップ支援体制の構築を目指します。
 「どんぐりポイント制度」は、低炭素製品の普及を促し、社会全体のCO2排出量の削減を目的とした経済産業省の取り組みのひとつです。カーボン・オフセット(※1)によってCO2排出量を相殺した製品・サービスに「どんぐりポイント」を付与し、ポイントに見合う金額を環境保護団体に寄付することで環境保全活動に貢献する制度です。

 凸版印刷は、CO2排出量の削減の取り組みのひとつとして、2012年に民間企業で初めて「CFPシステム認証(※2)」を取得し、昨年度には印刷物や出版物向けに、カーボンフットプリント(※3)を活用したカーボン・オフセット制度に対応するワンストップサービスを提供しています。
 このたび、自社の販促ツールにて、「どんぐりポイント制度」に参加。これにより、CO2削減の取り組みに加え、環境保全活動に貢献できるため、事業活動における環境負荷をさらに低減できます。今後、自社の販促ツールだけでなく、顧客の商業印刷物や出版物、一般証券印刷物に対しても、「どんぐりポイント」の申請・登録までを含めたワンストップ支援体制の構築を目指します。

 なお、2015年12月10日(木)から12日(土)に開催される展示会「第17回エコプロダクツ2015」(会場:東京国際展示場)のトッパンブースにて、本サービスを紹介するとともに、トッパンブース内のイベントの参加賞として、「どんぐりポイント」を付与したカレンダーを配布します。
07.画像1
(左)「どんぐりポイントマーク」
(右)「どんぐりポイントマーク」のついたトッパン エコラブルカレンダー 2016
© Toppan Printing Co., Ltd.
■ 背景
 地球温暖化問題の原因とされているCO2排出量に関して、CSRの観点から、企業は事業活動で排出されるCO2を削減するだけでなく、森林保護や生物多様性保全といった環境問題に多角的に取り組むことが求められています。
 凸版印刷は、2014年より、カーボンフットプリントに加えてカーボン・オフセットまでを同時に受託するサービスを提供。事業活動におけるCO2排出量の削減を推進しています。今回、カーボンフットプリントからカーボン・オフセットによるCO2削減の取り組みに加え、「どんぐりポイント制度」に参加することで、森林保護や生物多様性などの環境保全にも貢献できます。

■第17回エコプロダクツ2015で配布する製品の仕様
名称 : トッパン エコラブルカレンダー 2016 
発行部数: 9,000 部
発行に係る CO2 約 1t-CO2
オフセットクレジット : COF2(※4)を用いた温室効果ガス排出削減事業(J-VER) 1t-CO2
              事業者 ㈱オルタステクノロジー高知工場
どんぐりポイント: 1 部あたり 10 ポイント(1 ポイント=1 円)
寄附団体: NPO法人 樹木・環境ネットワーク協会
寄附金用途: 全国で進めている森林・緑地の整備保全活動、およびこどもを対象とした環境教育プログラムの企画運営


■ 今後の目標
 凸版印刷は、2016年度に、顧客の商業印刷物や出版物、一般証券印刷物に対して、「どんぐりポイント」の申請・登録までを含めたワンストップ支援体制を構築することを目指します。
 また凸版印刷は今後も、持続可能な社会の実現に貢献するため、顧客企業や最終消費者と協働し、社会的課題の解決に取り組んでいきます。

※1 カーボン・オフセット
排出した温室効果ガスのうち、削減が困難な部分の排出量の全部又は一部を、他の場所での排出削減・吸収量で埋め合わせ(オフセット)する取り組みです。
※2 CFP システム認証
企業や団体が組織内部にカーボンフットプリントを算定、検証、登録・公開申請を行うシステムを構築し、このシステムを、第三者であるCFP システム認証機関が審査し認証する制度です。システム認証を取得した企業や団体は、個別のCFP検証の手続きを経ることなく、カーボンフットプリントの登録・公開申請が可能になります。
※3 カーボンフットプリント(CFP)
製品・サービスの原材料調達から廃棄・リサイクルに至るまでのライフサイクルを通して排出される温室効果ガスの排出量をCO2 に換算して、分かりやすく表示する取り組みです。
※4 COF2 フッ化カルボニル
半導体を製造する際に使用する化合物で、地球温暖化係数がCO2と同等で、半導体生産用ガスとしては極めて地球温暖化への影響が小さいものです。

* 本ニュースリリースに記載された会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
* 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。
以上

ページの先頭へ戻る