TOPPAN
凸版印刷株式会社

お問い合わせ

文字の大きさ

  • 大
  • 中
  • 小
  • 製品・サービス
  • IR情報
  • CSR活動
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 研究開発
  • 採用情報

ニュースリリース検索

2015年12月14日

凸版印刷の上海現地法人である上海凸版広告が、中国企業・沃馬と業務提携
中国での店舗活性化ソリューション提供を強化
 凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)の、上海現地法人である、上海凸版広告有限公司(所在地:上海市凱旋北路1188号 董事(総経理):平井寿、以下 上海凸版広告)は、上海沃馬商業道具制造有限公司(沃馬=ウォーマ、所在地:奉賢区金匯工業園、董事長総裁:徐種、以下 上海沃馬)と、12月1日に業務提携をおこない、今後、両社が協業して、中国市場における店舗開発および店頭販売力の強化などの「店舗活性化ソリューション提供」に取り組むことに合意しました。

 中国における流通やメーカー各社では、中級・高級品の消費拡大や内陸部の3級、4級都市への市場拡大に伴って、店舗での対面式顧客接点の強化や、EC販売増加による店舗の見直し、大規模改修の活発化などの重要性が高まっています。
 上海凸版広告と上海沃馬は、2005年の上海凸版広告設立以前の1998年の準備室時代から、中国の日系企業はもちろん中国国内企業や外資系企業の、店舗什器・内装や店頭販売促進ツールを上海凸版広告が受注し、上海沃馬が生産するという協力関係にありました。今回の提携により、今後予想される中国の流通・小売市場の変化に対して、両社で高付加価値な店舗活性化ソリューションを提供していく計画です。
■提携後の両社の新しい関係、または新規の取り組み
 上海凸版広告は、新たに店頭専門の営業部門の新設や、日本の凸版印刷の製造部門から工程管理・品質管理者を駐在員として受け入れるなど、営業、生産管理体制を強化します。
 また、アイカメラ店頭調査や、最先端のサイネージ・映像制作技術・O2O (Online to Offline)ソリューションなど、日本の凸版印刷で実績のある「店舗活性化ソリューション」を提供し、中国店頭における高付加価値化を積極的に行っていきます。

 上海沃馬は、上海郊外の金匯工業園において、上海を含む華東エリアで最大規模を誇る26,000m2の什器生産の新工場を2015年6月に竣工・稼動を開始しました。新工場は、材料の集中購買や予測購買によるコスト削減や、オートメーション化による品質安定、コストの効率化を実現します。また将来的にはより多種多様な材料による店頭販促ツールのトータル的な生産にも対応する予定です。

■今後の目標
 売上計画 (今回の新規業務提携による両社の協業で)
  2016年度 5億円
  2020年度 20億円

■両社について
 上海凸版広告有限公司
 Shanghai Toppan Advertising Co., Ltd.
 所在地:上海市凱旋北路1188号上海環球港B座9階
 董事長:新井誠
 董事(総経理):平井寿
 TEL:0086-21-6223-1000(代表)
 FAX:0086-21-6223-2300

 http://www.toppan-ad.com.cn/

 

 上海沃馬商業道具制造有限公司
 所在地:奉賢区金匯工業園
 董事長総裁:徐種
 TEL:0086-21-3393-6667(代表)
 FAX:0086-21-3393-6311
 http://www.wolma.cn/
07.画像1
以上

ページの先頭へ戻る