TOPPAN
凸版印刷株式会社

お問い合わせ

文字の大きさ

  • 大
  • 中
  • 小
  • 製品・サービス
  • IR情報
  • CSR活動
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 研究開発
  • 採用情報

ニュースリリース検索

2015年11月20日

凸版印刷、日本初、店頭で顧客自身がICキャッシュカードを発行できる
セルフオペレーション型即時発行システム
「Toppan ACIS-BS-SOC」を開発
~簡単な操作と本人確認で、営業時間外でもキャッシュカードの発行・受取が可能~
 凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)は、金融機関が店頭でICキャッシュカードを発行し、顧客にその場で渡すことができるキャッシュカード店頭即時発行サービス「TOPPAN ACIS-BS(トッパンエイシス・ビーエス)」を提供しています。
 このたび、この「TOPPAN ACIS-BS」に対応したセルフオペレーション型ICキャッシュカード即時発行システム「Toppan ACIS-BS-SOC(トッパンエイシス・ビーエス・エスオーシー)」を開発、2016年中に販売を開始します。
 本システムは、従来、金融機関の店頭で行っていたICキャッシュカードの即時発行サービスを、日本で初めて、顧客自身の操作で実現できるようにするものです。具体的には、金融機関のATMコーナーなどに発行機を設置し、カード申込時に受け取った問い合わせ番号と暗証番号をタッチパネルで入力。免許証などの身分証を読み込むことで本人確認を行い、約90秒でカードの発行が可能です。金融機関は本システムを導入することにより、顧客が営業時間を気にすることなくICキャッシュカードの発行・受取できる仕組みを提供できます。
image
© Toppan Printing Co., Ltd.

■ 開発の背景
 多くの金融機関では、カード郵送コストの削減や、口座開設時のカード即時渡しによる顧客満足度向上のため、ICキャッシュカードの店頭即時発行サービスの導入が進められています。これにより、郵送を待たずとも店頭でICキャッシュカードが受け取れるようになった利便性はありましたが、金融機関の営業時間内でしか受け取れないため、ライフスタイルの多様化に対応したフレキシブルな発行手法が求められていました。
 凸版印刷は、金融機関が店頭でICキャッシュカードを発行し、顧客にその場で手渡すことができるICキャッシュカード店頭即時発行サービス「TOPPAN ACIS-BS」を提供。これまでに複数の都市銀行や地方銀行、クレジットカード会社などに採用されています。
 このたび、日本で初めてセルフオペレーション型ICキャッシュカード即時発行システム「Toppan ACIS-BS-SOC」を開発したことにより、顧客のカード発行・受取についてその方法の幅が拡がり、顧客満足度の向上に貢献できます。


■ 本システムの特長
・ATMコーナーなど、金融機関の営業時間外の即時発行に対応
カード申込時に受け取った問い合わせ番号と暗証番号を入力し、本人確認作業をするだけで、顧客自身の操作によりICキャッシュカードを発行できるため、営業時間外でも発行・受取が可能です。
・免許証や医療証などにより本人確認が可能
免許証や医療証などの身分証明書をかざすだけで、本人確認が可能です。
・国際ブランドデビットカードの発行も可能
ICキャッシュカードやローンカードといったカードの発行はもちろん、最近注目を集めているVISAデビットカードやJCBデビットカードといった国際ブランドデビットカードの発行も可能です。
・カード発行情報の生成をはじめとした各種ASPサービス
金融機関のホストから送られるキャッシュカードの発行情報を元に、トッパングループ・データセンター(※)でカード発行情報を生成し、クラウドサービスとして提供します。クラウドサービスのため、金融機関が自社でシステムを構築する運用に比較し、安価な初期投資と短い開発期間でサービスを開始することができ、金融機関にとって大きなメリットがあります。
・直感的で使いやすいユーザインタフェース
高い操作性と使いやすいユーザインタフェースにより、顧客自身が簡単に操作できます。
・安心の受託・保守体制
「TOPPAN ACIS-BS」では、システム・ファシリティを常に二重化し、万一の障害時も業務継続が可能なシステム構成としています。


■ 価格
セルフオペレーション型即時発行機: 1台250万円~
初期導入費用: 3000万円~ (*初期導入費用にはASP設定費用やネットワーク構築費用を含む)


■ 今後の目標
 凸版印刷は、ICキャッシュカード店頭即時発行サービス「TOPPAN ACIS-BS」の導入サポート、発行機やASP サービス、保守サービスなどの機能を拡充し、全国の金融機関に向けて拡販。2017年度に10億円の売上を目指します。



※ トッパングループ・データセンター
都市型データセンターとして堅牢な建屋と設備を有する最新鋭のデータセンターです。各工場と高速ネットワーク接続を行い、データ処理をはじめBPOサービスまでをサポートしています。



* 本ニュースリリースに記載された会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
* 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。

以上

ページの先頭へ戻る