TOPPAN
凸版印刷株式会社

お問い合わせ

文字の大きさ

  • 大
  • 中
  • 小
  • 製品・サービス
  • IR情報
  • CSR活動
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 研究開発
  • 採用情報

ニュースリリース検索

2015年11月26日

凸版印刷と名古屋大学 安田・遠藤研究室、名古屋市科学館・プラネタリウム
ICT技術活用による学習効果向上に向けた動的学習コンテンツシステム
に関する実証実験を実施
凸版印刷株式会社
国立大学法人名古屋大学 安田・遠藤研究室
名古屋市科学館・プラネタリウム
 凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)は、国立大学法人名古屋大学大学院情報科学研究科 安田・遠藤研究室(所在地:愛知県名古屋市千種区、以下 名古屋大学 安田・遠藤研究室)とともに、Bluetoothやバーチャルリアリティ(以下 VR)といったICT技術を活用した学習効果向上に向けた動的学習コンテンツとその配信システムに関する実証実験を、2015年11月28日(土)(10:30-16:30)に、名古屋市科学館(所在地:愛知県名古屋市中区)にて実施します。

■共同研究の概要
 近年、様々な学習環境において個別型学習の重要性が増しています。学習対象者に対して、個々に適した情報の提供や、事前学習・事後学習などの継続的な学習に繋げるソリューションが望まれています。また、学習におけるコンテンツの質的変化も重要視されており、動的にコンテンツを更新できるシステムが必要とされています。
 凸版印刷と名古屋大学 安田・遠藤研究室は、様々な学習環境において学習意欲をより向上させるソリューションの開発に向け、2014年度より共同研究に取り組んできており、このたび、名古屋市科学館・プラネタリウムのコンテンツを活用し、【屋内位置検知連動型モバイルガイド】と【簡易型VRプラネタリウム】の2つのアプリケーションを開発しました。名古屋市科学館天文フロアで来館者に利用してもらい、実証実験を実施します。


【屋内位置検知連動型モバイルガイド】
 Bluetooth Low Energy(低消費電力版Bluetooth 以下、BLE)による屋内位置検知技術を用い、博物館や学習フィールド内をリアルタイムに回覧誘導させる情報配信アプリケーション「モバイルガイド」です。
 名古屋市科学館天文フロアの来館者が持つモバイルガイドに、学芸員がプラネタリウム上演内容に関連した提供したい学習コンテンツが配信されます。
来館者はモバイルガイドを持って展示室を回遊して、BLEの屋内位置検知により、自動的にコンテンツを楽しむことができます。この情報配信により、より天文学に対する学習意欲を高め、実際の夜空をみる事後学習に繋げ、学習効果を高めます。
07.画像1

【簡易型VRプラネタリウム】
 凸版印刷が提供するVRソリューションの一つ「VRscope®」によるスマートフォンを用いた直感的な操作で仮想体験できる学習アプリケーションです。スマートフォンに専用のビューアを装着して、スマートフォンに配信した科学館のプラネタリウム用のコンテンツを見上げた方角によって、仮想の星空で星座を学習することができます。今回は、3D音響の技術とジェスチャー認識を用い、より直感的な操作に向けた研究をすすめてきました。来館者に「VRscope®」とモバイル端末を貸与し、仮想体験してもらうことで、実際の星空の観察などの事後学習に繋げることを狙いとしています。

09.画像2
■実証実験について
実施日 2015年11月28日(土) 10:30-16:30
会場 名古屋市科学館 5F天文フロア
名古屋市中区栄2-17-1 芸術と科学の杜・白川公園内
TEL: 052-201-4486 FAX: 052-203-0788
開館時間 9:30-17:00(入館は16:30まで)
観覧料(展示室のみ) 大人400円、大学・高校生200円(要学生証)、中学生以下無料、
名古屋市在住の65歳以上の方(要・敬老手帳等)100円

■実証実験での役割分担
 凸版印刷は、BLEによる位置情報検知やVRなどの技術提供、プロジェクト管理、アプリケーションの開発、名古屋大学 安田・遠藤研究室は、アプリケーションの企画・開発、実験の実施とアンケート解析、名古屋市科学館・プラネタリウムはアプリケーションの企画及びコンテンツの提供をそれぞれ担当します。


■今後の展開
 凸版印刷と名古屋大学 安田・遠藤研究室及び名古屋市科学館は、この実証実験の成果を踏まえ、さらなる機能改良による学習効果向上ソリューションの開発をめざします。今後、名古屋市科学館・プラネタリウムにおける常設展示に向けた改良を進め、他の博物館などの学習ソリューションの他、企業の研修などの学習システムとして開発し、2016年以降のサービス提供開始を目指します。

* 本ニュースリリースに記載された会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
* 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。
以上

ページの先頭へ戻る