TOPPAN
凸版印刷株式会社

お問い合わせ

文字の大きさ

  • 大
  • 中
  • 小
  • 製品・サービス
  • IR情報
  • CSR活動
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 研究開発
  • 採用情報

ニュースリリース検索

2015年10月09日

凸版印刷、大和の古道「山の辺の道」を辿る
オリジナル高品質4K映像コンテンツ『神宿る山の辺の道』を制作
~天理市・桜井市が奈良県立美術館で実施する連携展示コンテンツとして公開~
  凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)は、凸版印刷の映像クリエイターが最新鋭の4K用撮影機材を駆使し、日本各地の季節感あふれる風景や日本文化、地域の魅力が伝わる風物などを撮影・制作したオリジナル高品質4K映像コンテンツを提供しています。
 このたび、奈良県天理市から桜井市を結ぶ大和の古道「山の辺の道」を辿るオリジナル高品質4K映像コンテンツ『神宿る山の辺の道』を制作。天理市と桜井市が奈良県立美術館(所在地:奈良県奈良市)で2015年10月10日(土)から12月6日(日)まで実施する連携展示コンテンツとして採用されました。
 『神宿る山の辺の道』は、天理市・桜井市の協力のもと、日本最古の古墳や古社寺、多くの万葉歌碑が点在し、日本の原風景とも言える大和の古道「山の辺の道」を、凸版印刷が新たに撮影・編集したオリジナル高精細4K映像コンテンツです。このたび、天理市と桜井市が奈良県立美術館の企画展「浮世絵版画 美の大世界」との連携展示にて本コンテンツを紹介することで地域の魅力発信・観光誘致に貢献します。
07.画像1
オリジナル高品質4K映像コンテンツ「山の辺の道」
© Toppan Printing Co., Ltd.
■ オリジナル高品質4K映像コンテンツ「山の辺の道」の展示詳細
名称: 天理市・桜井市による連携展示
     ~歴史文化との出会い  記紀・万葉の時代からの大和の古道「山の辺の道」を辿る~
    ※企画展「錦絵誕生250年 浮世絵絵画 美の大世界」 と併催
期間: 2015年10月10日(土)~12月6日(日)
場所: 奈良県立美術館 新館1階 北展示室内和室
料金: 観覧無料 (※別途、企画展観覧料が必要です)

※なお本コンテンツは、下記でも展示される予定です。
  名称: 桜井 記紀万葉歌碑原書展
  期間: 2015年12月5日(土)~13日(日)
  場所: 奈良県立万葉文化館 企画展示室
  料金: 観覧無料


■ 凸版印刷の高品質4K映像コンテンツサービスの特長
・日本の魅力を圧倒的な臨場感で伝える、高品質な4K映像コンテンツ
高解像スチール撮影用レンズや、大型映像素子のハイスペック4K機材で撮影することにより、実写による高品質4K映像ならではの圧倒的な臨場感を伝えることができます。
・インバウンドプロモーションや地域活性化・地方創生目的での利用を想定したコンテンツが充
日本の四季や伝統・文化といった映像はもとより、各地の地域特性や文化風習を伝えるコンテンツが充実。インバウンドプロモーションや地域活性化・地方創生目的での活用に適しています。
・ワンソース・マルチユースで幅広い媒体への展開が可能
高品質4K映像デジタルデータは、4K映像自体での利用はもちろん、PC やスマートフォン、タブレット、電子書籍端末などのデジタルデバイス向けコンテンツから、紙媒体の印刷物まで、幅広い用途への展開が可能です。
・次世代の映像規格にも対応(4K60P)
4K放送の開始などで求められる、高フレームレート(4K60P)にも対応。放送用映像素材としての活用も可能です。


■ 今後の目標
 凸版印刷は今後も、インバウンド向けだけでなく多彩なジャンルにおけるオリジナル高品質4K映像コンテンツを制作し拡販、2018 年までに関連受注を含め約10 億円の売上を目指します。



* 本ニュースリリースに記載された会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
* 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。
以上

ページの先頭へ戻る