TOPPAN
凸版印刷株式会社

お問い合わせ

文字の大きさ

  • 大
  • 中
  • 小
  • 製品・サービス
  • IR情報
  • CSR活動
  • ニュースリリース
  • 企業情報
  • 研究開発
  • 採用情報

ニュースリリース検索

2015年07月06日

凸版印刷、紙と電子のハイブリッド出版に対応、
書籍制作支援クラウドサービス「TOPPAN Editorial Navi」を提供開始
~培ってきたコンテンツ制作ノウハウを活かし、
高品位で迅速な多メディア展開を可能に~

 凸版印刷株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:金子眞吾、以下 凸版印刷)は、印刷書籍と電子書籍など、ワンソースから同時に複数媒体の書籍制作が可能なクラウドサービス「TOPPAN Editorial Navi(トッパン・エディトリアル・ナビ)」を開発。紙と電子のハイブリッド出版のように、用途や読者の環境に最適なフォーマットの作品提供が求められる出版業界を中心に、2015年8月上旬より提供を開始します。

 

 「TOPPAN Editorial Navi」は、著者、編集者、校正者など、同じ作品づくりに携わる人々が、安全に保管された原稿をウェブで共有し、ペーパーレスによる画面での誌面確認や、ICTを活用した共同編集により、場所と時間に囚われない作品づくりが可能な、クラウド型の画期的な書籍創作環境を実現しています。

 また、凸版印刷がこれまで培ってきたコンテンツ制作や構造化などのノウハウを、システム機能として提供することにより、ワンソースから同時にさまざまな出版フォーマットへの変換することができ、制作のコストダウンや、リードタイムの短縮などが可能となります。

 さらには、次なる作品へのリソースの集中や、ビッグデータと連携したマーケティングへの訴求など、読者に伝わるさまざまなコンテンツ展開をサポートしています。 

「TOPPAN Editorial Navi」の概要図
(c)Toppan Printing Co., Ltd.

■背景

 従来、印刷書籍と電子書籍では、誌面レイアウトや文字組、フォントなど、サポートされる機能の違いにより、制作ツールやデータフォーマットが異なるため、別々のワークフローで、それぞれコストをかけて制作することが一般的でした。

 

 一方、スマートフォンやタブレット端末の普及、電子書籍や電子雑誌などの関連サービスの拡大などを背景として、読者の出版コンテンツの利用が多様化しています。また、初めに電子書籍で発売した後、人気のある作品を印刷書籍化するなど、デジタルファーストによる新しい出版モデルも増えています。

 出版社は、印刷書籍や電子書籍に関わらず、同一コンテンツをさまざまなメディアへ展開し、さらには各メディアでの同時発売など、ハイブリッド型の出版形態が求められています。

 このようなハイブリッド出版ニーズに対して、従来のメディア毎に別々に制作する方法では、「制作コストの削減」、「制作リードタイムの短縮」、「新たなメディアへの迅速な対応」という側面において限界があり、抜本的に課題解決が可能な制作基盤が求められていました。

 

■「TOPPAN Editorial Navi」について

1.特長

1)書籍制作に携わる人たちが、インターネット上で原稿や進行状況を共有しながら制作が可能で、場所と時間を選ばない合理性を実現

2)印刷書籍や電子書籍などの仕上りイメージやページ数などをWebブラウザー上ですぐに確認が可能
3)校正支援やチェック機能など、凸版印刷が培ってきた書籍制作ノウハウに基づく機能が利用可能
4)印刷データや電子書籍への変換出力が可能

5)原稿データはHTML(※1)やCSS(※2)などのWeb標準技術を用いて、データの汎用性を高めるとともに、多メディア展開が容易に行えるように構造化されて保存

 

2.機能概要と仕様

1)編集・校正支援機能

・プレビューエディター

Webブラウザー上に仕上りイメージと編集画面を同時に表示し、仕上りイメージを確認しながら編集が可能です。

・カーソル同期

 仕上りイメージの文字列を選択すると、編集画面も同期して該当文字列が選択され、編集箇所を素早く探し出すことが可能です。(逆も可能です)

・マークアップ補助

 文字スタイル付与などは、選択した文字列上で専用のスタイルパレットが表示され、容易にマークアップすることが可能です。

・データチェック

 画像データパスの不整合や、文字化けのチェックをはじめとし、凸版印刷の制作工程で効果の高い各種チェック機能を搭載し、コンテンツの品質を安定させることが可能です。

09.画像2
「TOPPAN Editorial Navi」の編集・校正支援機能の概要
(C) Toppan Printing Co., Ltd.
2)作成可能なデータ形式
・印刷書籍:
 PDF/X-1a(※3)に準拠したPDFデータ/文庫・新書等の判型に対応
・電子書籍: 
 EPUB形式(※4)/リフロー型電子書籍(※5)/ブックライブ・アマゾン等の各電子書籍ストア対応

3)動作条件
・対応OS:Mac OS X 10.9 以降日本語版/ Windows 7・8 日本語版
・Webブラウザー:Google Chrome

3.提供価格
月間制作タイトル数に基づく定額料金および、従量課金制度。

■今後の展開
 「TOPPAN Editorial Navi」の提供により、2020年度までに、関連受注を含めて100億円の売上を目指します。さらに、今後も開発を進め、一般企業のマニュアルや各種添付文書など、紙と電子のハイブリッド対応のコンテンツ制作が求められる幅広い分野へ展開していきます。

※1 HTML:HyperText Markup Languageの略。ウェブ上の文書を記述するためのマークアップ言語
※2 CSS:Cascading Style Sheetsの略。ウェブページのスタイルを指定するための言語
※3 PDF/X-1a:主に印刷用途の特化したPDFの保存形式
※4 EPUB形式:代表的な電子書籍ファイルフォーマット
※5 リフロー型電子書籍:端末上で文字サイズ等が変更でき、それに合わせ画面の表示文字数が自動的に変更される電子書籍

* 本ニュースリリースに記載された会社名および商品・サービス名は各社の商標または登録商標です。
* 本ニュースリリースに記載された内容は発表日現在のものです。その後予告なしに変更されることがあります。
以上

ページの先頭へ戻る